読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

出会い【サワラの白子と豆腐の炊き合わせ】

「一目会ったその日から…」

 

名調子のテレビ番組、ありましたよねぇ。

 

カーテン越しに出会った2人が結ばれるかどうか。今と較べれば出会い番組と言ってもほのぼのな感じ笑。

 

春のスーパーにも出会いがいっぱい。

ご近所のスーパーさんは、たまに普段は仕入れないものを売っていて。

 

岡山県産の新鮮なサワラの切り身の奥に、ピカピカの真子一腹と白子三腹。

 

こういう時、行っちゃうんです笑。

この時季だけの、出会いの方に。

 

立派な白子は下処理したら、三分の一は、味見を兼ねて天ぷらに。

濃厚。

 

残りは明日も楽しみたいので、豆腐と炊き合わせました。熱々も良いけど、冷たく冷やしたのも良いんです。

 

塩が入りやすいので、煮えばなを頂くときは冷ます時よりやや薄味で。

 

魚の春も頂きましょう。

f:id:iche:20170509094050j:image

〜サワラの白子と豆腐の炊き合わせ(2人分)〜

  • サワラの白子 半腹〜3分の2腹くらい
  • 下処理用 酒、塩 適宜
  • 水 1カップ
  • 昆布 3センチ角
  • 酒 2分の1カップ
  • 薄口醤油 大さじ2
  • 木綿豆腐 半丁
  1. 鍋に湯を沸かし、酒、塩を加えてサワラの白子を入れ、1〜2分茹でたら氷水にとって冷やす。
  2. 別鍋に水カップ1、昆布を入れておく。
  3. 昆布の鍋を火にかけ、沸騰してきたら、酒、醤油を加える。
  4. 白子は(気になれば目立つ筋などを取り)、一口大に切って鍋に加え、5分ほど煮る。
  5. 豆腐を食べ良い大きさに切って入れ、7〜8分煮る(煮汁はかぶるくらいが良いが、少なければアルミホイルなどで落し蓋を作って)。
  6. 火を止め、あればふきの湯がいたものなどを加えて、味を含ませる。

 

f:id:iche:20170509102152j:image

つまみ食い用の天ぷら笑。下処理したものを揚げます。