読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

三つ子のタマシイ【子持ちハタハタの煮付け】

雑食である。

 

なんでも食べる。

 

キライ認定済みのモノでも、新手のが出ると試してみたり笑。

 

ただ…

ヤッパリ自分で魚を煮る時には、基本砂糖が入れられない笑。

 

ランチ時の定食屋さんでは「この甘辛いのが美味しいよね〜」なんて、黒ムツの煮付けなんか調子良くつついたりしているクセに…

 

子持ちのハタハタは、故郷ではあまり馴染みが無く。でも「キトキト(加賀弁で新鮮なこと。ギトギトではない笑)」な姿に一目惚れ。

 

本来の煮方は知らないクセに、どう〜しても砂糖は入れられず笑。

 

三つ子のタマシイ。

 

多分ネットに「正解」は転がっているだろうけど。

 

いいんだ、そんなの。

たまには笑。

 

f:id:iche:20161211005438j:image

ーハタハタの煮付け(2人分)ー

  • ハタハタ 4尾
  • 水 200cc
  • 酒 50cc
  • 醤油 50cc
  • ごぼう 10センチ長さくらい
  • 長芋 5センチ長さくらい
  1. ごぼうは皮をこそげ、5センチ長さに切ってから縦半分に切り、短冊に切る。
  2. 長芋は火で炙って表面のひげ根を焼き取り、皮付きのまま拍子木に切る。
  3. 鍋に水、酒、醤油を入れ、火にかける。(薄めなら加減で塩少々)
  4. 沸騰したらハタハタを入れ、一呼吸おいてごぼう、長芋を入れる。
  5. 中火で汁を掛けながらサッと煮る。(汁が回りにくい様ならアルミ箔で落とし蓋をする)

 ※長芋は偶然松本出張で買った山形村のもの。そのままで美味しく、さっと煮ても最高でした。