読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

秋に酔う【プルーンの秋色カッサータ】

チャリラーン、ティラリラリンリーン♪🎶

 

…失礼しました。

 

トッカータとフーガ。

○から牛乳、で思い出す人も…笑。

 

さて今回はプルーンを使った濃厚デザート。

カッサータ。

(・・・またおやじギャグです・・・)

 

プルーン、ヨーグルト、生クリームを土台にした滑らかなクリームに、洋酒を効かせ、キャラメリゼしたナッツ、チョコ、オレンジピールでガツンとした仕上がりに。

 

ヨーグルトはリコッタの代わり。

水切りしなくても、刻んだプルーンを漬け込んで余計な水分を吸わせるカンタンな戦法。

 

スプーンですくって少しずつ頂いても。

たまには午後のひととき、ぼーっとしてもよいよね・・・。

 

f:id:iche:20161128084051j:image

ープルーンの秋色カッサータ(15センチパウンド型1本分)-

  • プレーンヨーグルト 150グラム
  • プルーン 60グラム
  • オレンジピール 30グラム
  • ラニュー糖 20グラム(より甘くしたい人ははちみつ大さじ1を加えてもよい)
  • コアントロー(重くしたい人はブランデーやラムでも) 大さじ2
  • ビターチョコ 30グラム
  • 生クリーム 200g
  • 好みのドライフルーツ 適宜

<ナッツのキャラメリゼ>

  • アーモンド 30グラム
  • ピスタチオ 30グラム
  • ラニュー糖 大さじ4
  • 水 小さじ2
  • バター 小さじ2
  1. プルーンは細かく刻み、ヨーグルトに漬けて3時間からひと晩おく。
  2. オレンジピールには5ミリ角くらいに刻み、コアントローを掛けておく。
  3. キャラメリゼしたナッツ、ビターチョコを粗く刻む。
  4. 1にグラニュー糖を加えてよく混ぜる。
  5. 生クリームを8分立てにし、全ての材料を混ぜこんでラップかオーブンペーパーを敷いた型に流し込んで冷凍庫で冷やし固める(洋酒の分量が多いのでソフトクリームくらいのクリーム状になればOK)
  6. ナイフで切るか、スプーンですくって器に盛り、好みのドライフルーツなどを散らす。

※ナッツのキャラメリゼ。

  1. ナッツはローストするか炒ってあるものを使う。
  2. 小鍋にグラニュー糖と水を加えて火にかけ、沸騰したらナッツを入れよくかき混ぜ、砂糖が結晶化して、ナッツの周りにジャリジャリと着くようになってもさらに混ぜ続ける。
  3. 再度砂糖が溶け、ほぼ白いところが無くなりキャラメル化したら、焦げすぎないうちにバターを加えて混ぜ、バットにあけて一粒ずつばらす。

プルーンの料理レシピ
プルーンの料理レシピ
 

 

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村