読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

野菜

モッコモコ【牛肉とヤマブシタケのカレー】

スーパーで変わったヤツと目があうと必ず立ち止まってしまう… …素材の話。 地魚、だとか山菜、だとか。 あと異国のモノ。 スイスチャード、とかロマネスコ、とか、もはやナンの話?みたいな。 そしてそれらがお手頃価格か特売だった場合、かなりの確率で連れ…

共感されない味笑【豚の生姜焼きとポテトサラダ】

『深夜食堂』だったか、生姜焼きの味が違う男女が付き合うのは難しい、みたいな話があったと思う。 ちょっと切ない恋の話。 たしかに、玉ねぎが入っていたり、薄切りだったり厚めだったり、衣をつける人がいたり、部位も色々。焼き方もバリエーションが多く…

ツルツルとセンス【なすのツルツル】

大学生の頃、近くに、つげ義春の漫画の名前の居酒屋さんがあった。 演劇だか音楽だかをやってたと噂の、今思うと、私たちよりちょっとだけ年上のお兄さんがやっていたお店。 サブカルっぽくて、少し浮世離れした感じなんだけど、大学生がハメを外したりする…

ミスマッチ?【ぶりの竜田揚げと長芋の素揚げ】

ちょっと変わった調理法って、どうしても魅力です笑。 さて長芋。 もちろん生で短冊が一番有名。 叩いても。 シャキシャキ、ツルル。 でもウチの田舎では、長芋、炊くんです。 他の煮物にはあまり砂糖を使わないのですが、ちょっとお砂糖を入れて、甘めに。 …

切り方次第

料理の好きな人には、少なからず繊切り好きの人がいると思う。 大好きな有元葉子さんもそんなことを書かれていて。 薬味なんて細〜く刻んでワシワシ行っちゃう笑。 でも今回は煮物。 火を通した繊切り野菜ってちょっとオツな味。 そして何より火通りが速い。…

怠け者と超怠け者 ーきゅうりの話ーその2【きゅうりのピクルス2種】

小学生の頃から作っているもの、というのがあって。 田舎の田舎笑、まだコンビニも何もない町で。本の中の遠い国に憧れて作ったものや、豊富な素材を使って作らせてもらったもの、お菓子なんかが多かった気がする。 辛口な家族の審議を通過するのは難しかっ…

残りものに福?【ソーセージと夏野菜のトマト煮込み】

なんて中途半端なヤツ! …残っちゃったトマトソースのコトです笑。 ビミョーに余ることが多いんですよね。 もっかいパスタが作れるか、というと明らかに少ないし。オムレツやフライのソースにしては人数によって多かったり少なかったり。 ・・・で、タッパー…

あきらめないで笑【フェンネルの冷製ポタージュ】

スーパーの地元野菜コーナー。 わ! フレッシュのフェンネルが大特価! サーモンとサラダに、マリネに… ・・・夢は広がったけど、こんな時に限って仕事で一大事が・・・ そして数日。 あーあ。伸びちゃった… フェンネルも、薹が立つ、っていうのかしら。香り…

お隣さんの味【白ナスとズッキーニの韓国風冷製】

本格的なキムチに出会ったのは高校生の頃。 韓流ブームのずーっと前。 田舎ではまだ、本格的な焼肉屋さんも珍しかった80年代の半ば。 下宿の近くに、とても清潔な、白い、小さなキムチ屋さんがあった。 毎日、一生懸命、何かの漬け込みをされていて、ひと時…

よそん家の味【朝の小皿3品】

高校生から下宿したので、よその家の味にたくさん出会った。 知らなかった味。 なぜだか懐かしい味。 うちの味より好きなよそん家の味、結構ある笑。 ミョウガはただ刻んで鰹節とお醤油が美味しいのよ、とか。 ピーマンや椎茸は、新鮮だったら網で焼いて砂糖…

きゅうりのこと。-その1【きゅうりの小鉢2品】

「一番好きなきゅうり料理はなんですか?」 ・・・あんまり聞かれることのない質問の気がする笑。 私の場合、実はこれ。笑。 「ころころきゅうり」 しょう油とちょっとの昆布茶(祖母は味の素)で和えるだけ笑。 子どもの頃、これがあると延々きゅうりを食べ…

とりとおなすと【とりとおなすのカレー風味煮物】

料理上手の祖母が本か何かで覚えたカレー風味の肉じゃが。 トマトも入って、意外に好きだったのですが、もっと手軽に。 とりとおなすでカレー風味の煮物。 だし味だけど、手順はインドカレー風。 しょうがだけはちょっと面倒だけど、歯触りが楽しいみじん切…

檸檬のかおり【こかぶとササミのオリーブオイル和え】

活きの良い(笑)葉つきのこかぶ。 買って来たらすぐ葉と分けて、葉はすぐいろんなものに。 さて、主役のカブ、どうしよう。 そろそろ蒸してきたし。 炊いて冷たく冷やすのもいいけど・・・ そんな時にレモンの香り。 ちょうど青じそもありました。 あ。でも器…