読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

白い季節【鱈と白インゲン豆のグラタン】

主菜 野菜 オーブン料理

目で味わう、というけれど、色で料理を作ることもしばしば。

 

そう言えば、ばあちゃんもそうしてたっけ。

 

吐く息も白くなる季節。 

白い料理が食べたくなる。

 

ちょっと前の朝ドラ。

ワタシも子どもの頃はご多聞にもれず『赤毛のアン』にカブれていて笑。

 

自然豊かな雪国の冬は、むしろ『赤毛のアン』や『大きな森の小さな家』(『大草原の小さな家』シリーズ)の景色を妄想するに笑充分な環境だったように思う。

 

稀にある晴れた朝。

白く凍る道。

真っ白に、キラキラ光る樹影。

 

青い月の夜も。

 

美しくないものが見えなくなる季節。

ちょっと帰り道がコワくなったりして。

 

そんな日は。

早く帰ってオーブンから熱々のグラタン。

 

鱈もお豆も。

白い素材で。

 

鱈は生でも甘塩でも、豆の水煮も、缶詰からでも乾物からでも美味しく作れます。(缶詰の豆の煮汁は美味しいので捨てずに。乾燥豆の煮方はレシピの下にあげます)

 

だから、大自然の台所がある人も、都会のアパートでも大丈夫笑。

 

ハフハフッとネ。

 

f:id:iche:20161213084852j:image

ー鱈と白インゲン豆のグラタン(2〜3人分)ー

  • 鱈(生か甘塩)150グラムくらい
  • 白インゲン豆の水煮 300グラム(缶汁ごと)
  • 水 100ccくらい
  • バター 大さじ1
  • 小さめの玉ねぎ 2分の1個
  • ベーコン 1
  • ローリエ
  • 塩こしょう
  • パン粉 大さじ2〜3

<ホワイトソース>

  • 牛乳 1カップ
  • バター 大さじ1
  • 小麦粉 大さじ1.5
  1. 鍋にバター大さじ1を溶かし、ベーコン、玉ねぎを加えて塩こしょうし、玉ねぎが少ししんなりするくらいまで炒める。
  2. 豆を缶汁(煮汁)ごと入れ、ヒタヒタになるくらい水を加え、ローリエを加えて汁気が少なくなるまで火にかける。(10分くらい。下写真)
  3. ホワイトソースを作る。フライパンにバターを溶かし、小麦粉を入れてサラッと液状になるまで炒めたら、牛乳を加えてかき混ぜる。
  4. グラタン皿に豆を入れ、鱈(甘塩ならそのまま。生ならここでしっかり塩こしょうして)を並べてホワイトソースをかけ、パン粉を散らし、上にバター小さじ1くらいをちぎって載せる。
  5. オーブントースターか、230度くらいに温めたオーブンで15〜20分程度、ソースがブクブクしてコンガリ焼き色がつくまで焼く。

※今回は21センチのオバール型で焼いています。

f:id:iche:20161213200044j:image

※上の2の状態。

 

おまけ↓

<白インゲン豆の水煮>

  1. インゲン豆は一晩水に浸す。
  2. 鍋に豆を水ごと入れ、たっぷりの水、ローリエを入れる。
  3. 火にかけ、沸騰したらアクをすくい、塩を加えて弱火で90分ほど煮る。(煮汁が蒸発して少なくなってきたら、常にヒタヒタくらいになるよう水を加えて煮る)
  4. 火を止め、30分以上置いておく。

 ★いろいろな料理に使えます。

f:id:iche:20161213200821j:image