読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

きらきらひかる【本みりんの琥珀糖】

海に行くと、やっぱりガラスを拾ってしまう。

 

…小さな、いびつな、海が造った磨りガラス。

 

昔「何か」だったもの。

 

そんな海辺のガラスによく似たお菓子。

琥珀糖。

 

意外にカンタンにできます。

 

でも、時間はかかる。

それも数日単位で。

 

作って固めて。

切ったら4、5日から1週間…

時間が表面を結晶化してくれるまで…

 

時間が作る。

そんな所も海のガラスとにています。

 

香りづけは本みりん。

法律が改正される前、みりんはお酒でした。

 

その香り高さや華やかな甘味をリキュールの様に楽しむ人も。

 

今日は熱いシロップに混ぜ込むので、アルコール苦手さんでも大丈夫。

 

杏を加えて。

どこか懐かしい味になりました。

 

f:id:iche:20161113092148j:image

 

ー本みりんの琥珀糖ー

  • ラニュー糖 200グラム
  • 水 100グラム
  • 粉寒天 2グラム
  • 本みりん 大さじ1杯半
  • 杏 1個
  1. 杏はごく細かく刻んでおく。
  2. 砂糖、水、寒天を火に掛け、糸を引くまで煮詰める。
  3. バットかタッパーなどに本みりんを入れ、杏を散らす。
  4. 3に2を流し込み、冷やし固める。
  5. 固まったら好きな形に切り、クッキングペーパーの上などで表面の砂糖が結晶化するまで乾かす。(最初はツルツルの表面がシャリシャリした磨りガラス状になる)

f:id:iche:20161113093157j:image

f:id:iche:20161113093158j:image

※今回の本みりんは信州産もち米100%の養命酒家醸本みりん。柔らかく懐かしい香りになりました。

f:id:iche:20161113094909j:image