読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

夢のまた夢【生麩の素揚げ】

大学生の頃、先斗町に小さなお店ができた。

トントンと2階に上がると、白木のカウンターと、何席かの掘りごたつ。

 

多分脱サラなのか、あんまり商売人っぽくない、生真面目そう〜なマスター。

 

白木のカウンターはいつもピカピカ。

店内は明るいけど、無口な店主のおかげか笑落ち着いていて。

 

美味しい日本酒と、シンプルでリーズナブルな肴。

 

…きっとマスターの夢のお店。

 

数年前に帰った時、驚くべきことに建物は変わってなかったけれど、店は居抜きで観光客向けの京料理店に変わり、マスターはいなかった。

 

たまたまその時、今は亡くなった経済評論家が来ていて、その新しい店すら、記憶の中ではもう定かでは無いのだけれど。

 

いまもこれを作るたび、マスターのお店を思いだす。

このなんでもない味。

夢の店の味。

 

f:id:iche:20160725081144j:image

ー生麩の素揚げー

  • 粟麩、蓬麩など好きな生麩 4分の1本(東京で売っているサイズなら2分の1本)
  • サラダオイル 適量
  • 塩もしくは抹茶塩
  1. 生麩は角切りにする。
  2. サラダオイルを170〜180度に熱し、生麩を入れ、表面にこんがり色がついて、ぷっと膨れるまで揚げる。
  3. 揚げたてを盛り付け、塩を添えて食べる。

 ※とても焦げやすいので、注意すること。