読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

虫やしない【あぶたま炒め】

タッタッ タッタッタッタ…

路地を駆けてくるちいさな足音。

 

厨房では大将と女将さんの仕込みの匂い。

だしの香り、小葱を刻む音。

 

赤いランドセルをしょった子が帰ってくる。

「はよ手洗うてきい」

 

女将さんがパパッとフライパンを取り出して、油揚げと卵を炒める。

 

コンガリお揚げにフンワリ卵。

大人も子供も大好きあぶたまの出来上がり。

 

夏なら万願寺さんを入れても。

 

お父さんは一味を振ってビールのアテに。

子供はオヤツに。

 

「虫やしない」はオヤツのこと。

お腹の虫を黙らせる、ちっちゃなご飯。

 

甘〜いオヤツも美味しいけれど、たまにはこんなのも。

 

写真は万願寺さんを入れたもの。

お揚げはたまたま余ったのを入れた笑ので細切りになってますが、大きめに切った方が美味しいです。

 

f:id:iche:20160819123847j:image

ーあぶたま炒め(2人分)ー

  • 卵1個
  • 薄揚げ 1枚
  • 万願寺唐辛子 2〜3本くらい
  • サラダ油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • しょう油 大さじ1弱
  • 塩 少々
  1. 薄揚げは大きめの一口大に切る(油抜きはしてもしなくてもよい)。
  2. 卵は溶いておく。
  3. 万願寺唐辛子はヘタの柄を落し、斜め半分くらいに切る。
  4. フライパンに油を敷き、油揚げを焼き始める。
  5. 油揚げが温まってきたら、万願寺唐辛子を加え、塩、酒を振って炒める。
  6. 油揚げがこんがりし、万願寺に火が通ったら、端に寄せて火を強め(一旦取り出してもよい)、卵を入れてふんわりさせ、7部通り火が通ったくらいで他の具とざっと炒め合わせる。
  7. 最後に鍋肌からしょうゆを回しかけ、じゅっと言わせて軽く混ぜて仕上げる。

※卵を入れたらあまり混ぜすぎず、強火でふんわりさせること。少し油を足してもよい。