読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

残りものに福?【ソーセージと夏野菜のトマト煮込み】

煮込み 洋風 野菜

なんて中途半端なヤツ!

 

…残っちゃったトマトソースのコトです笑。

ビミョーに余ることが多いんですよね。

 

もっかいパスタが作れるか、というと明らかに少ないし。オムレツやフライのソースにしては人数によって多かったり少なかったり。

 

・・・で、タッパーに入れて冷蔵庫の奥へ奥へと笑。

 

そんな時は、ソーセージを買ってきて、冷蔵庫の掃除を兼ねて、残り野菜を炊いちゃいます。

 

マストは玉ねぎ。

後は水気の多い野菜を中心になんでも。

ナスとかキャベツとか。

 

今日はピーマン半袋とズッキーニ半分があったので、奮発して?彩りのパプリカは買いました。

 

蓋付きの小鍋で蒸し煮に。

 

冷やしてラタトゥイユ風。

タバスコを入れればメキシカン。

野菜の種類で変わります。

 

ソーセージの旨味と野菜のカサ増しで、あれ、パスタもまた作れちゃう。

 

中途半端だから、周りの方のお力で。

料理は作り手に似るのかも笑。

 

私も美味しくなれるよう、頑張りたいものです。

 

f:id:iche:20160629101111j:image

 ーソーセージと夏野菜のトマト煮込み(今回の分)ー

  • トマトソース 80cc程度
  • ピーマン 3個
  • ズッキーニ 2分の1本
  • 玉ねぎ 4分の1個
  • パプリカ 1個
  • にんにく 1かけ
  • ソーセージ 1袋
  • 塩・こしょう
  • (野菜の水分が足りなければ、水または白ワインを50cc程度)
  1. トマトソースを蓋のできる鍋に入れる。
  2. 野菜とソーセージをどんどん詰める笑(下の写真位)。
  3. 蓋をし、焦げ付かないよう、弱火で煮る。
  4. (焦げそうであれば水・または白ワインを加える)

f:id:iche:20160629101210j:image

~お鍋の話~

今回使ったお鍋は、うちにある長径16センチのル・クルーゼのオバール。実はあるレシピコンテストで頂いて、最初は「わっっ、ちっさ!!」と思ったのだけれど、一人や少人数にはとても重宝します。特に今回の蒸し煮などは、小さくても蓋がしっかりと重く、水分を閉じ込めてくれるので重宝します。底もしっかり厚いので、コンフィやアヒージョにも。