読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

気散じ【カルダモン風味のフルーツサラダ】

季節の変わり目か、身体がなんとなーくダル重い感じ。

 

急に暑いし。

 

 仕事もヤル気がおきません。

…そのせいじゃナイ⁈笑

 

そんな矢先、今回のスパイスモニターはエスニック。食欲増進間違いなし。

 

でも、だるくて食事自体が喉を通らない、のワタシ。

趣向を変えて、いくつかスイーツを。

 

まず第一弾はフルーツサラダ。

乳製品とベストマッチのカルダモン。

スパイスの女王と呼ばれる上品な香り。

 

ドライマンゴーはヨーグルトで戻すと生食感。

前の晩にポンッと入れておいて翌朝食べられます。ヨーグルトの水気が適度に吸われて、フルーツサラダの和え衣にピッタリの硬さになります。

 

カルダモンは、パウダーでもできますが、香りが均一に効きすぎるので、ホールを刻んだ方が優しく変化ある食感に。

 

なしでも美味しくできますが、あれば高貴な⁈笑香りになります。

 

インドっぽい取り合わせなので、カレーのデザートにも良いと思います。

 

気散じ、は気晴らしの古い言い方。

 

スパイスで五感を刺激して。

どんより湿気を散らして、気を晴らしましょう笑。

f:id:iche:20170522130508j:image

〜カルダモン風味のフルーツサラダ(2〜3人分)〜

  • プレーンヨーグルト 180グラム(小さい方の標準パックぐらいです)
  • きび砂糖(普通のでも笑) 大さじ1
  • GABANカルダモン(ホール) 1個
  • ドライマンゴー 30グラム
  • お好みのフルーツ (今回はいちご、バナナ、キウイetcの豪華版笑)
  1. カルダモンは皮をむき中の種を細かく刻む。
  2. タッパーにプレーンヨーグルト、きび砂糖、カルダモン、2センチ角くらいに切ったドライマンゴーを入れてよく混ぜ、冷蔵庫で1晩くらい置く。
  3. 好みのフルーツを刻んで和える。

※砂糖の代わりに蜂蜜でも美味しいですが、体感の甘さが砂糖の3倍くらいになるので、加減して加えて。

※カルダモンの粒が気になる人は、大きめに刻んで香りを移し、茶こしなどでこして取り除いても。

 f:id:iche:20170522131635j:imageギャバンのカルダモンは雑味のない香りで特に品良く。好きな方は2粒使って鮮烈な香りを楽しんでも笑。

 

レシピブログ「おうちで香り本格派エスニック料理」モニター参加中です!

エスニック料理レシピ
エスニック料理レシピ  スパイスレシピ検索 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見通し良好【エビとふきの翡翠炒め】

子どもの頃、よく怒られました。

 

ふきの煮物のおつゆを、ストローみたいにふきで吸い上げて。

 

おせちにレンコンを入れるのは、穴が開いていて見通しが良いからだそう。

 

ふきは富貴に通じるとか。

天然、露地ものの旬は今。

 

1束は結構多いので、買ったら下ごしらえしてタッパーに入れておき、いろんな料理にしています。

 

定番の煮物以外にも、サラダや炒めもの、混ぜ寿司やピラフなんかに。

 

下ごしらえさえしておけば、煮物も、単体で炊かなくても、他の煮物の下地に浸すだけで、色どりキレイなあしらいができます。

 

今日の炒め物はえびですが、もちろんイカやホタテなど全ての海鮮、鶏のささみや胸肉でも美味しくできます。新鮮なえびなら下味は省略して、合わせ調味料だけでも。

 

アクの強い野菜は腐りにくいのもありがたいところ。

 

シャクシャク、歯ざわりと香りを楽しみましょう。

 

f:id:iche:20170512092717j:image

〜エビとふきの翡翠炒め(2人分)〜

  • 茹でたふき 2分の1束
  • エビ 6〜7匹
  • (冷凍の場合、下ごしらえ用に塩少々、片栗粉各ひとつまみ)
  • 下味用調味料(酒小さじ2、片栗粉小さじ1、あれば卵白少量)
  • 生姜 2分の1かけ
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩こしょう 適宜
  • ごま油 小さじ1

<合わせ調味料>

  1. ふきは塩ひとつかみを入れた湯で固めにゆで、筋を取って水にさらし冷蔵庫で保存しておく(事前)。
  2. まず合わせ調味料を作る。分量の材料をすべて混ぜて置いておく。
  3. えびは、冷凍なら、背ワタを取ってから、塩少々と片栗粉一つまみをもみこんで水で洗い、よく水気をふき取っておく。
  4. ふきは斜めにスライスし、水気を取っておく。
  5. えびに下味用の調味料をもみ込む。
  6. フライパン(中華鍋)にサラダ油、しょうがを入れて火にかけ、熱くなって香りが出てきたらえびを加える。
  7. えびの表面の色が変わったらふきを加え、材料が温まったら合わせ調味料(片栗粉が沈んだりしているので混ぜながら)を加えて一気にとろみを出す。(あればコーヒーフレッシュ、生クリームなどをほんの少し加えるとコクが出て、海鮮の臭みも抑えられます)
  8. ごま油を入れてざっと混ぜ、皿に盛りつけて出す。

f:id:iche:20170512102602j:image 

※応用編のハムピラフ。バターやクリーム系の洋風が合います。

f:id:iche:20170512102706j:image

※以外に万能選手。ここまでしておくとすぐ使いきれちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

出会い【サワラの白子と豆腐の炊き合わせ】

「一目会ったその日から…」

 

名調子のテレビ番組、ありましたよねぇ。

 

カーテン越しに出会った2人が結ばれるかどうか。今と較べれば出会い番組と言ってもほのぼのな感じ笑。

 

春のスーパーにも出会いがいっぱい。

ご近所のスーパーさんは、たまに普段は仕入れないものを売っていて。

 

岡山県産の新鮮なサワラの切り身の奥に、ピカピカの真子一腹と白子三腹。

 

こういう時、行っちゃうんです笑。

この時季だけの、出会いの方に。

 

立派な白子は下処理したら、三分の一は、味見を兼ねて天ぷらに。

濃厚。

 

残りは明日も楽しみたいので、豆腐と炊き合わせました。熱々も良いけど、冷たく冷やしたのも良いんです。

 

塩が入りやすいので、煮えばなを頂くときは冷ます時よりやや薄味で。

 

魚の春も頂きましょう。

f:id:iche:20170509094050j:image

〜サワラの白子と豆腐の炊き合わせ(2人分)〜

  • サワラの白子 半腹〜3分の2腹くらい
  • 下処理用 酒、塩 適宜
  • 水 1カップ
  • 昆布 3センチ角
  • 酒 2分の1カップ
  • 薄口醤油 大さじ2
  • 木綿豆腐 半丁
  1. 鍋に湯を沸かし、酒、塩を加えてサワラの白子を入れ、1〜2分茹でたら氷水にとって冷やす。
  2. 別鍋に水カップ1、昆布を入れておく。
  3. 昆布の鍋を火にかけ、沸騰してきたら、酒、醤油を加える。
  4. 白子は(気になれば目立つ筋などを取り)、一口大に切って鍋に加え、5分ほど煮る。
  5. 豆腐を食べ良い大きさに切って入れ、7〜8分煮る(煮汁はかぶるくらいが良いが、少なければアルミホイルなどで落し蓋を作って)。
  6. 火を止め、あればふきの湯がいたものなどを加えて、味を含ませる。

 

f:id:iche:20170509102152j:image

つまみ食い用の天ぷら笑。下処理したものを揚げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏まだき【葉玉ねぎとカブのミルク煮】

アッという間に桜も過ぎて。

 

ただ今年は初夏らしく。

陽射しは強いけど、爽やかな空気。

 

でも、夜は少し肌寒いくらい。 

昼はそろそろ冷たいものを飲み過ぎたりして。

 

こんな日は、春野菜の優しいシチュー。

トロミも軽めで。

 

チョット手間ですが、旬のあさりの出汁で贅沢に。

 

神経質にこだわっている訳ではありませんが、たまにはスープの素に頼らない、自然の旨味を。

 

お腹も心もあったかく。

 

f:id:iche:20170505001230j:image

〜葉玉ねぎとカブのミルク煮(2〜3人分)〜

  • 葉玉ねぎ 1個
  • カブ 1〜2個
  • あさり 1パック
  • ベーコン 30グラム
  • 酒 100cc
  • 水 400cc
  • 塩こしょう 適宜
  • バター 大さじ1
  • 小麦粉 大さじ1
  • 牛乳100cc
  • 生鮭 (切り身なら2切れくらい。切り落としでも)
  • 塩こしょう、小麦粉、サラダ油 適宜
  1. 砂出しをしたあさり、酒、水を鍋に入れて火にかけ、口が開いたら火を止めておく。
  2. 鮭は一口大に切り、塩こしょう、小麦粉適宜をまぶし、サラダ油で表面を焼き、取り出しておく。
  3. カブ、葉玉ねぎの玉の部分は大きめのくし形に切り、葉玉ねぎの葉の部分は斜めに切っておく。
  4. 鍋にバターを溶かし、ベーコンを入れ、弱火で炒める。
  5. カブ、玉ねぎの玉の部分を加え、塩こしょうして中火で炒め、表面が少し透き通ったら小麦粉を振り入れ、焦げないように粉気が飛ぶまで炒める。
  6. あさりの煮汁を加えて、アクを取り、10分煮る。
  7. 葉玉ねぎ、カブに8分通り火が通ったら、あさりの身、葉玉ねぎの葉、鮭を加えて軽く煮立て、牛乳を入れて5分ほど煮る。

 

 

 

 

 

 

 

 

木の芽時【ホタルイカと木の芽の冷製ジェノベーゼ】

木の芽時。

 

本当は古来、3月、4月の季節の変わり目に、心身の調子を崩してしまうこと。

 

最近はそれを乗り越えても5月病、が待ってたりするのだけれど笑。

 

木の芽時の終わりにようやく顔を出す本当の木の芽。

ただ、本当に若く、柔らかいのはほんの一瞬。

 

葉をむしって、形の良いものはそのまま、残りはすり鉢で軽くすって冷凍に。

今ならカンタンにペーストになります。

 

さて、作業しながらサッとお昼ゴハン。

麺を茹でる以外は火をつかいません。

 

たっぷり入れても、意外に優しい香りとサッパリした味に癒されます。

 

f:id:iche:20170505132137j:image

ホタルイカと木の芽の冷製ジェノベーゼ(2人分)〜

  • スパゲッティ(1.7mm) 160グラム
  • 塩 適宜
  • 湯 適宜
  • ホタルイカ 1パック
  • プチトマト 10個くらい
  • 木の芽 たっぷりひとつかみ

<ドレッシングソース>

  • オリーブオイル 大さじ2
  • ワインビネガー 大さじ3〜4
  • アンチョビ フィレなら2切れ、ペーストなら小さじ2
  • にんにく 2分の1かけ
  • マスタード 小さじ1
  • 塩こしょう
  1. にんにく、アンチョビはみじん切りにし、ドレッシングの材料を全てあわせる。
  2. 木の芽をすり鉢で軽くすり、ペースト状にする。プチトマトは半分に切り、ホタルイカ、木の芽とドレッシングと合わせ、冷やしておく。
  3. 鍋に湯を沸かし、塩を入れてスパゲッティを表示より1分長めに茹でる。
  4. 茹で上がったらザルにあげ、てばやく流水で滑りをとる。
  5. 水気を切り、マリネした具材、ソースと和えてだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひねもすのたり【フレッシュカモミールティー】

今年こそはゆったり過ごしたい連休。

 

天気も初夏らしくなって。

 

お散歩に出かけたら、近所の地産ショップにたくさんの春野菜たちが。

 

中にこれ。

フレッシュのカモミール

 

実は見るのは初めて。帰り道、喫茶店のマスターに見せびらかしたりして笑。

 

帰ってさっそく淹れてみました。

 

花を摘んで、カップにお湯を注ぐだけ。

甘い甘い香り。

心がすぅっと落ちついて。

 

なんと1束110円也笑。

良い休日になりそうです。

 

f:id:iche:20170504182248j:image

f:id:iche:20170504182335j:image

淹れたばかりの状態。まるでお花畑。

f:id:iche:20170504182740j:image

美味しい花束。

f:id:iche:20170504182739j:image

巨大うるい、葉玉ねぎ、かぶ、プチトマト、葉山椒、カモミール…〆て1028円なり。連休の食料調達しちゃいました。

f:id:iche:20170504183103j:image

てんとう虫さんとランデブー。

 

 

今年の味【ぬか漬け】

若い頃から何度か漬けて来たけれど。

 

引越しの多い人生。

なんどもお別れして来ました。

 

ぬか漬け。

 

数ある国の漬物の中でも、建物や地球環境に最も影響されやすいのが、日本の漬物のように思います。

 

沢庵や白菜も、もともと塩やぬかのみ、といった単純な漬け床が多く、元来は通気性が良い、木や土でできた家に住んでいた私たち。

 

四季もはっきりとしていて。

 

人間のチカラより、自然のチカラをお借りして来たのですが…。

 

いつの間にか。

 

…掃除が面倒くさい。

虫や音、プライバシーがあるので、窓は極力開けたくない。etc.etc...笑

 

ウチらの欲には限りがなくて笑。

 

都合の悪い部分を遮断しまくっているうちに、恩恵も受けづらく。ぬか漬けも、なんだかスッカリ難しいものの様になってしまいました…

 

ぬか漬けに限らず、発酵食品は、うまく漬かっているものほど、多少のことでは傷んだりしません。

 

考えてみれば当たり前で。


保存食の菌は、当たり前の状態であれば自然界の悪さをする菌より強いから、人類が利用して来たわけで。

 

経験値による、ぬか漬け漬かり易い家ランキングはこちら笑。

 

1.古い戸建の日本家屋

2.古い広めの公団アパート

3.古い広めのマンション

4.そこそこ古い笑木造アパート

5.新しい広めのマンション

6.新築のワンルームマンション

 

これ、植物の育ち易さとも、キレイに比例してました。

 

しばらく止めてたぬか漬けを、今年復活させたのは、知り合いの料理家の方に教えて頂いた味噌が、ことのほかうまくいっているから。

この家と発酵食品の相性はよさそうだと。

 

予想どおり、捨て漬けからすぐ、美味しく漬かり出しました。

先日知り合った素敵なマダムは、あえて毎年新しい床を仕込むのだそう。

何十年ものの複雑さも美味しいけれど、フレッシュな糠の香りとさわやかな若い乳酸菌の味も良いものです。

 

漬かり過ぎたら「かくや」に。

ご近所のバーのマスターは、ポテサラのアクセントにする上級者。

まだまだアレンジもあるのです笑。

 

f:id:iche:20170429163816j:image

 〜ぬか床(漬かり易い量)〜

  • ぬか 1.5kg
  • 水 1.5リットル
  • 塩 ぬかの13〜14%
  • 昆布 5センチ角
  • 唐辛子 1〜2本
  • (あれば実山椒の塩漬け大さじ2〜3)
  1. 捨て漬け用野菜(キャベツ、にんじんなどお好みで。今年はウドの皮も入れました)
  2. ぬか(あれば新鮮な生ぬか)、塩、水、実山椒をよく混ぜ、漬ける容器に入れる。
  3. 唐辛子、昆布を差し込む。
  4. 捨て漬け用の野菜を入れ、毎日混ぜながら2日ほど経ったら取り出して、野菜を代える。(3日ずつ3回、など決める方もいますが、野菜の漬かり具合やぬか漬けらしい香りを基準に臨機応変に。今年は2回目の捨て漬けからもう美味しく漬かり出したので笑、すぐ一軍昇格にしました)

※かつお節やいりこを入れるご家庭もありますが、うちはあまり動物性のものを入れないレシピです。

  

f:id:iche:20170429163832j:image