読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

怠け者と超怠け者 ーきゅうりの話ーその2【きゅうりのピクルス2種】

保存食 洋風 漬物 野菜

小学生の頃から作っているもの、というのがあって。

 

田舎の田舎笑、まだコンビニも何もない町で。本の中の遠い国に憧れて作ったものや、豊富な素材を使って作らせてもらったもの、お菓子なんかが多かった気がする。

 

辛口な家族の審議を通過するのは難しかったけれど…笑。

 

きゅうりのピクルスもそんな中の一つ。

 

本間千枝子先生・本間長世先生の『ローラのお料理ノート』に出てくる「なまけ者主婦のきゅうりのピクルス」。ご存知、大草原の小さな家のローラの味。

 

本との思い出は別でお話しするとして、上手に作ると、甘くなく、上質なハムにぴったりの味になります。そしてハムと一緒に食べると、ナゼか熱々ご飯に合うという笑。

 

もう一つは、オトナになって作ったもの。

残念ながら仕事に追われて、数週間かかるピクルスがなかなか作れなくなってから。

 

15分でできるナンチャッテピクルス。

熟成の味はでないから、調味料や香辛料のチカラを借りて。

 

「怠け者」どころか「超怠け者」の味。

こちらはソーセージやビール、白ワインに合います。

 

きゅうり、結構奥深い笑。

 

f:id:iche:20160703103713j:image

 

f:id:iche:20160702190239j:image

ー「なまけ者主婦のきゅうりのピクルス」ー

〜『ローラのお料理ノート』より(詳しくは原典を参照のこと)

  • きゅうり(小さいもの)  1kg
  • 塩 2分の1カップ
  • (つけ汁)
  • リンゴ酢(アップルビネガー) 1リットル
  • 砂糖 2分の1カップ以上
  • 塩 4分の1カップ
  • マスタード 4分の1カップ
  1. きゅうりはきれいに洗って、へたを取り、塩、ひたひたの水で24時間置く。
  2. 24時間後、水洗いし、水気を拭いたきゅうりを、煮沸消毒したビンにつめる。
  3. つけ汁の材料を全て煮立て、ビンに注いでぴっちり蓋をする。お好みのスパイスを入れても。
  4. 2週間ほどで食べごろに。

※icheのメモ。保存食用のレシピなので、早めに食べ切る時は少し下漬けの塩を減らします。また、つけ汁の辛子は、フレンチマスタードでなく、チューブの練り辛子か、最近はチューブタイプのものに色々味付けがされるようになったので、缶の辛子を溶いて使っています。スパイスは私はシナモン、ローリエは必ず、気分によってキャラウェイシードや唐辛子、ディルシードなどを加えています。

 

f:id:iche:20160702190254j:image

 ー超怠け者のきゅうりのピクルスー

  • きゅうり 1本
  • 塩 小さじ2分の1くらい
  • (つけ汁)
  • ワインビネガーかアップルビネガー 50cc
  • ブラウンシュガー 大さじ1以上
  • (甘酢っぽい味にしたい方は2以上加えてください)
  • 粒マスタード 大さじ1
  • シナモン 少々
  • ローリエ 少々
  1. きゅうりはスライサーかピーラーで薄く削る。
  2. 塩を振りかけ、水気が少し出るまで置く。
  3. テフロンのフライパンにつけ汁の材料を全て入れ、煮立てる。
  4. きゅうりの水気を軽く絞り(決して絞りすぎないこと!)、つけ汁に入れ、火を止める。
  5. 軽く混ぜ、15分以上経てば食べられます。

 

どちらもあまり甘くないので、バーベキューや粗挽き肉でツナギを入れないアメリカンなハンバーグパティに合います。ビールと一緒に!