読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

バイプレイヤーズ【かくや】

終わっちゃいましたよ。

話題のドラマ。

 

面白かったですよねぇ…

脇役のおじさまたち。

 

クセが強すぎたり。

逆にあまりにフツーなのが個性的だったり。

古風な様な、自由な様な。

 

一人一人メインディッシュだと、渋過ぎるというか、地味なんだけど。

脇にいるとグッと全部がホンモノに。

 

で、そんな人たちが集まると、なんだかやっぱり面白くて、いくらでもいけちゃう。

 

胃もたれもせず笑。

 

なーんか、似たような料理があったよなぁ…と思ってたら、ありました。

 

「かくや」

 

…岩下覚弥、とかいうおじさま?笑が江戸時代に考案したとかしないとか。

諸説あり笑。

 

刻んだ古漬け沢庵、きゅうり、ミョウガや紫蘇などの香味野菜を和えて、生姜醤油で頂く。

 

沢庵の塩気で即席の浅漬け状態に。

生姜は刻んで入れても良し。

香味野菜もあり合わせで。

 

塩気が強過ぎればさっと洗いますが、昔風の沢庵の方が向いています。

 

冷たく冷やして、どんぶり飯でも冷酒でも。

 

極めて質素。

懐石から一膳飯屋まで。

 

…香り高さはホンモノ、です。

 

f:id:iche:20170416185102j:image

〜かくや(1〜2人分)〜

  • 古漬け沢庵 3センチくらい
  • きゅうり 2分の1本
  • しょうが 2分の1かけ
  • 紫蘇の葉 2枚
  • 醤油 適宜
  1. 沢庵、きゅうりは薄切りにしてから細く刻む。
  2. しょうがは針生姜にし、紫蘇は沢庵、きゅうりに合わせて繊切りにする。
  3. 全て合わせてラップかポリ袋に入れ、ギュッとまとめて口を縛っておく。
  4. しばらく冷蔵庫において(きゅうりがしんなりするまで)、取り出したら水気をギュッと絞る。(沢庵の塩がキツすぎる様であればサッと洗う)
  5. 好みでしょう油をかけて頂く。

※かなり塩気が強い沢庵であれば、薄切りにした段階で軽く水にさらして塩抜きを。ただし、沢庵の塩気で味が決まるので抜きすぎは禁物。