読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

別れと出会い【牡蠣と菜の花のザッと煮】

主菜 副菜 季節 野菜 魚介類

出ちゃいましたよ…。

とうとう…。

 

「今シーズンの牡蠣フライ終わりました」

商店街のトンカツ屋さん。

 

終わったか〜っっ…

時すでに遅し。

 

「走り」だ「旬」だに浮かれるクセに。

食べられなくなると聞くと、急に惜しくなるのが人情笑。

 

でもだから、「出会い」もある。

 

意外に好きなんですよね、引き継ぎって笑。

先輩から後輩へ。

逃げられたっっ‼︎もありつつ笑。

 

辛子和えもいいけど、名残の牡蠣の出汁の美味しさ。

キリッと冷やして、素麺や稲庭うどんをつけて食べてもオツです。

 

牡蠣の塩気にもよりますが、暖かくなると牡蠣は香りが気になったりもするので、塩分は効かせ目がオススメ。

 

送別会の二日酔いにも良いですよ〜

 

f:id:iche:20170313091953j:image

〜牡蠣と菜の花のザッと煮(4人分)〜

  • 牡蠣 1パック
  • 菜の花 1束
  • 水 1カップ
  • 昆布 5センチ角
  • にんにく 2分の1かけ
  • しょうが 2分の1かけ
  • 鷹の爪 2分の1本分
  • 酒 大さじ2
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 塩 小さじ4分の1くらい
  1. 菜の花は下茹でしておく。
  2. 水に昆布を入れて、30分ほどおいておく。
  3. 昆布の鍋に、薄切りにしたにんにく、しょうが、鷹の爪を入れ、火にかける。
  4. 沸騰したら昆布を取り出し、洗った牡蠣、酒、塩を入れ、牡蠣がプクッとなり、火が通ったらいったん、取り出す。
  5. 鍋に薄口醤油を加え、軽く水気を絞ってザク切りにした菜の花を入れて煮る。
  6. 牡蠣を戻し、強火でザッと温めたら火を止め、盛り付ける。

※牡蠣を洗う時は、匂いが気になる方は大根おろしか片栗粉でしっかり洗って。生食用を使われる方や、それほど気にならない方は塩水で充分です。

※菜の花は買って来たら固めに塩茹でして水に取り、冷蔵庫で保存しますが、最初にしっかり流水で冷ましたら、神経質に水を替えすぎない方が、アクの働きで腐りにくく、香りも抜けにくいようです。

※より辛口に、くさみを抑えたい方は、お酒の代わりに麦や米の焼酎にして、香味野菜を増やしても。