読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

早春賦【ふきのとうの天ぷら】

もうすっかり春、のicheです。

(脳内が常に…のご指摘もありますが笑)

 

ふきのとう。

 

せっかく親が田舎に家を買っても、うちの祖母は街育ち。実は山菜の扱いなんかはあまり知らなくて。

 

同級生のお家で教えてもらう事もしばしばでした。

 

そんな中、ウチの定番になったのがこの天ぷら。

 

いつもそれほど遊んだことのないお友達と遊んで帰った時のこと。その場のノリで、みんなと同じようにふきのとうを摘んできたものの、食べ方がわからないので、微妙な顔の私。

 

…察した優しいお友達のお母さんが、教えてくれました。

 

「おうちに帰ったら、この外側の葉っぱみたいなんを開いて、中のお花の所に味噌をなすって、また閉じて天ぷらにすると美味しいげんよ」

 

…もう記憶も朧げで、もしかして他の子にも教えてもらったかもだけど。

 

調理法はしっかり伝わりました笑。

 

塩も、天つゆも要りません。

(なんだか最近そんなことばっかり言ってますが…笑)

 

…昔は子供たちも色んなことを知っていて。

蜜のある花の種類、すいかんぼ、カラスノエンドウの鳴らし方…etc.etc

 

どれも同級生博士たちには遠く及ばず。

 

みんな元気にしてるかなあ…

 

f:id:iche:20170228130133j:image

〜ふきのとうの天ぷら〜

  • ふきのとう 好きな量
  • 味噌 適宜
  • 天ぷら粉(小麦粉でよし) 適宜
  • 水 適宜
  • サラダ油 適宜
  1. ふきのとうはきれいに掃除し、外側のがくをめくって中に味噌をチョットつける。
  2. がくを閉じ、衣をつけて揚げる。

※味噌は塩気がしっかりある辛めの方が美味しいようです。