読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

小さな喜び【ひいかのオレガノ香味パン粉詰め】

副菜 主菜 オーブン料理 スパイス おつまみ 魚介類 洋風

学校を卒業するとき、恩師にもらった言葉がある。

 

petite merveille

 

恩師と言っても、尊敬のあまり遠くから包丁さばきを観るだけが精一杯、の先生だったので、意味も聞けず笑。

 

調べてみれば、「ささやかな感動」「小さな驚き」。

 

驚く方も、驚かせる方も。

 

鈍感にならず。

大げさにならず。

 

なかなかそれは難しいけれど。

せめて時には、ちっちゃなものに目をとめて。

 

サテサテ笑、それはさておき。

ちっちゃな食材、結構好きなんです笑。

 

代表格はひいか。

お腹に香り高いパン粉を詰めて。

 

辛口の白ワインはベストマッチですが、今日はシェリーを合わせてみました。バーボンも意外に合いマスよ笑。

 

香味パン粉は気分で好きなもの(オリーブ、ケッパー、お好きなハーブ類などなど)を入れて。

 

今日はシンプルにオレガノをタップリ効かせ、トマトソースに合う爽やかな香りに。

 

パン粉は余ったら1週間くらいは冷凍可能なので、そのまま軽くソテーした白身魚やホタテ、ナスなどの野菜にふりかけ、オーブントースターなんかで焼いても美味です。

 

頂いたGABANのオレガノは、香りよく、苦味少なく、たくさん入れても大丈夫笑。トマトソースは今日はトマト缶で。市販でもモチロンOK。その時でもローリエを入れて煮直すと味にグッと高級感がでます。

 

ひいかは身が薄くて柔らかく、サッと火が通り、硬さの心配は無用。もちろん、もっと大きなイカでもできます。

 

一口食べると意外なほど優しい味。

 

小さな驚き。

小さな喜びに変わりますように…

 

f:id:iche:20170215082155j:image

ーひいかのオレガノ香味パン粉詰め(2人分)ー

  • ひいか 8〜10匹くらい
  • トマトソース(自家製のカンタン版レシピは最後に) 1カップくらい
  • 塩こしょう

オレガノ風味の香味パン粉(作りやすい分量)>

  • パン粉(細目) 20グラム
  • パルメザンチーズ(粉チーズ可) 10グラム
  • にんにく 1かけ
  • オレガノ(GABANドライ) 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩こしょう 適宜
  • (お好みでアンチョビ1切れを刻んでいれても)
  1. ひいかは足を外し、ハラワタと目玉を取って洗い、キッチンペーパーで拭いておく。
  2. 香味パン粉は、にんにく、チーズはすりおろし、全ての材料をボールで混ぜる。
  3. ティースプーンでひいかのお腹にパン粉を詰める。(大きいひいかの場合は下足もお腹につめる。更に大きなイカを使う場合は、刻んでパン粉に混ぜてもよい)
  4. グラタン皿にトマトソースを敷き、パン粉を詰めた胴と足を載せる。
  5. 上からも少しパン粉、オリーブオイル、オレガノを振り、230度のオーブンかオーブントースターで焦げ目が付くくらいまで焼く。(先にレンジで5分加熱してからグリル(10分くらい)すると、早くできます)

 

<基本のトマトソース(作りやすい分量)>

  • トマト缶 1個
  • 玉ねぎ 4分の1個くらい
  • (好みで)にんにく 1かけ
  • ローリエ 1枚
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩こしょう
  1. 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを入れる場合は、ここで包丁で叩き潰したものを入れて火にかける。
  2. 玉ねぎは、みじん切り、薄切り、ざく切りなど、後で食べたい食感に合わせて切る。
  3. 鍋のオイルが温まって来たら、玉ねぎを加え、あまりへらなどで混ぜず、焦げないように鍋をゆすりながらゆっくり炒める。(ここの炒め加減でソースのコクや甘さが決まるので、使う料理やお好みに合わせて)
  4. 玉ねぎが炒まったらトマト缶を加え、へらで潰し、ローリエを入れて煮込む。
  5. ソースの色が、明るくオレンジがかった赤色に変わったら(だいたい15分くらい)、塩こしょうで味を整える。
  6. 滑らかなソースを作りたい場合は、ここでザルなどでこす(その場合玉ねぎはザク切りでよい)

※使ったトマト缶の酸味が強すぎる時は、隠し味に砂糖をほんのひとつまみ加えるとまろやかになります、。

f:id:iche:20170215092113j:image

※今回のレシピブログさんのGABANスパイスモニターはソースにローリエ、パン粉にオレガノを使わせて頂きました。どちらも爽やかでありながら優しい香り。特にオレガノは苦くないので、タップリ使えそうです。

 

 

グリル&煮込み料理レシピ
グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索