読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

唐魂洋才【白菜のステーキ】

冬と言えば白菜(断言笑)。

 

鍋に浅漬け。

…日本の食卓、って感じの風景。

 

でも、日本で白菜が食べられるようになったのは、20世紀に入ってから、とのこと。

 

実は、観賞用の甘藍(キャベツ)の方が大先輩だそう…

 

だから、時代劇のチョンマゲ武士が、白菜の漬物を頬張る、なんていうシーンは、実はありえないそうで笑。

 

ただ、塩漬けだけでも白いご飯に合う、優しい香りと甘みの個性が、彼(彼女)を和食の顔に。

 

いつの間にか、どこの国で生まれたか、なんてどうでもいいことに。

 

自分もこうありたいものです笑。

 

さてさて、今日は少し前に頂いた白菜の話。

友人のお父様は農業指導をされていて。

 

贅沢なことに、ギッシリ詰まった一株を頂戴笑。

 

長く楽しみたくて、半分はすぐキムチに。

4分の1は、甘い水分と、一緒に頂いた柑橘類を楽しむ水炊きに。

 

そして残りの4分の1。

 

こんな時だけできる冒険。

でもできるだけ、そのままで。

 

出汁も足さず。

香りと香ばしさだけプラスして。

 

蒸し焼きにして、パルミジャーノとバルサミコ。他の塩味は「付け合わせ」笑のベーコンのみ。

 

醤油も試してみたのですが、意外や香りが強すぎて引き算で笑。

 

中国から来日して100年。

いまや英語ではnappa cabbage(中国語とも日本の”菜っ葉”が語源とも)と呼ばれることもあるそう。

 

でも今日は、シルクロードを逆に辿ってイタリアへ笑。

 

白ワイン、合いますよ〜

 

f:id:iche:20170122221735j:image

ー白菜のステーキ(2人分)ー

  • 白菜 4分の1株
  • オリーブオイル 大さじ1
  • (塩こしょうはお好みで)
  • ローリエ 1枚
  • パルミジャーノチーズ 好きなだけ
  • バルサミコ酢 大さじ1〜2杯
  • ベーコン(切り落としでもスライスでも) 50グラムくらい
  1. 白菜は縦くし形に切る。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、白菜を並べて蓋をする。
  3. 片面がこんがり焼けてきたら返し、鍋の端にベーコンを入れて焼き始める。
  4. 中弱火くらいで、ベーコンが好みの加減になり、白菜に火が通るまで焼く。
  5. 器に盛り、パルミジャーノを好きなだけすりおろし笑、バルサミコ酢を掛けて頂く。

バルサミコ酢はモノによって味が違うが、長いこと使い切れない場合は笑、煮詰めておくとソースとして使いやすくて便利。