読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

主役【チンゲン菜のスープ2種】

「チンゲン菜師匠、入られました〜」笑。

 

ブルーマンデーと言うけれど。

 

外勤の翌日、出社してみると。

なにやら良い気配笑。

 

同僚の家庭菜園からみんなにおすそ分け。

ルッコラ、小松菜、カブ、にんじん、マスタードリーフ、チンゲン菜。

 

張ちきれるような鮮度と色彩。

早速頂いて帰りました。

 

こういう時はこれが主役。

 

ルッコラはすぐピザに。

チンゲン菜は2株。

 

さて、どうするか…

炒めも良いけど寒さ続き。

 

勿体無いのでピン(1株ずつ)でご登場笑。

1株目は定番。

アサリと豚のピリ辛スープ。

2株目は、ポークビーンズ様に備蓄していた塩豚を急遽召喚。チンゲン菜師匠とコラボで笑。

 

新鮮なチンゲン菜は、シャキシャキのあと不思議なとろける食感。

甘味。

 

今日はこれを活かしたくて塩味ですが、ミルク(牛乳かエバミルクで)を入れてアレンジしても美味しいです。

 

…最後のカブ、どうするかな〜♪

 

f:id:iche:20161215112942j:image

チンゲン菜師匠の御姿笑。

 

f:id:iche:20161215112907j:image

ーチンゲン菜のスープ1〜アサリと豚バラだしで(2〜3人分)ー

  • 豚バラ薄切り 150グラム
  • 下味用調味料 酒 大さじ1 薄口醤油 大さじ1 
  • アサリ 15〜20個
  • チンゲン菜 1株
  • ごま油 大さじ1
  • しょうが 1カケ
  • 鷹の爪(輪切り) 1本分
  • 酒 大さじ2
  • 薄口醤油 大さじ2
  • 無添加鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ2
  • 昆布出汁 800cc
  • 塩こしょう 適宜
  1. アサリは砂抜きしておく。
  2. 豚バラ肉は一口大に切り、下味用調味料をまぶしてしばらくおく。
  3. チンゲン菜は一口大に切る。
  4. しょうがは薄切りにする。
  5. 鍋にごま油、しょうがを入れ、火にかける。
  6. 油が熱くなり、しょうがの香りがしてきたら、豚バラ肉、鷹の爪を加えて炒める。
  7. 色が変わるくらいでアサリ、昆布出汁を加える。
  8. 沸騰したらよくアクを取り、酒、薄口醤油、顆粒スープを入れて10分ほど煮、塩こしょうで味を整えて、チンゲン菜を加えてしんなりしたら出す。

f:id:iche:20161215112918j:image 

ーチンゲン菜のスープ2〜チンゲン菜と塩豚のスープー

  • 塩豚 150グラム
  • ホタテ缶 1個
  • ねぎ 1本分
  • しょうが 1カケ
  • 酒 大さじ2
  • 塩こしょう 適宜
  • 薄口醤油 小さじ1
  • 昆布出汁 800cc
  1. 塩豚は一口大、5ミリ厚さくらいに切る。
  2. ねぎは5センチくらいのぶつ切り、しょうがは薄切りにする。
  3. チンゲン菜はざく切りにしておく。
  4. 鍋を熱し、塩豚をコンガリ焼く(豚から油がでるので油は敷かなくてもよい。
  5. しょうがを加えて少し香りを出し、昆布出汁、酒を加える。
  6. 沸騰したらよくアクをすくい、ホタテ缶を缶汁ごと加えて10〜15分ほど煮る。
  7. 塩こしょうで味を調え、チンゲン菜を加えてサッと煮る。

※今日は香ばしさとヘルシー優先で笑、塩豚を炒めましたが、炒めずしょうがを炒めた後、だしを加えて、その中にそのまま入れても美味しいです。

※今日の塩豚は豚バラ肉の塊に、塩、ブラウンシュガー、香辛料などをすり込んで数日置いたもの。いろいろなお料理に使えます。