読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

オトナ様ランチ【ジャンバラヤ風トマトご飯】

ご飯もの エスニック 洋風

寄る◯波。

何を入れますか?

 

…年。

そう、年です。

 

パエリア、ドリア、オムライス…チャーハンに焼き飯…

 

好きです。

好きでした。

(80年代アイドル歌謡風ですが…笑)

 

美味しいよねぇ。

美味しいものは糖と油で、っていうけど、美味しい。

 

…ただ、重い。

特に、翌日笑。

 

ご近所のカフェで男女アラフォー、アラフィフ数人のトーク。みんな見た目は若いけど。

 

難しいのはこの世代、そろそろ子どもの頃からこういう味を経験してて、おしんこと干物だけの生活はチョット淋しい笑。

 

で、オトナ洋食第2弾。

 

我々世代のために、炊飯器で炊く塩分、油、控え目のピラフ風ご飯。小分けにして冷凍しておけば、すぐオムライスやドリアの土台にも。

 

今日はちょうどいいタイミングで頂いた美味しいソースや、食塩無添加トマトジュースの手を借りて大人っぽく。ケチャップで代用すれば懐かしい味に。

 

最後に。

 

炊飯器で芯なくピラフを炊くコツ。

芯ができるのは、水分に粘度があると米に染み込みにくい、具材(とやはり汁の粘り気)が米の対流を邪魔する、が二大要因。

 

そこで…

 1.事前の吸水をしっかり。

2.ケチャップやトマトソースなど、トロミのある調味料は半量だけ炊く時に入れ、あとは炊きあがりに混ぜる。

3.炊く前は、具材はお米の上にそっと乗せ、絶対に混ぜない。

 

ただ、それでも失敗したら笑、小分けして冷凍するとレンジ解凍時にうまく火が通るので笑、諦めず!

 

f:id:iche:20161103204921j:image

ジャンバラヤ風トマトご飯(2合分)ー

  1. 米は研いで、トマトジュース、水、ブイヨンを入れて最低30分以上吸水させておく。
  2. 皮なしウインナーは1.5センチ幅くらいに切る。
  3. マッシュルーム以外の野菜は全て1センチ角の色紙切りにする。
  4. テフロンのフライパンに油を敷かずにウインナーを入れ、炒める。
  5. 少し炒まったら、玉ねぎ、にんじん、セロリを加えてさらに炒め、しんなりしてきたらマッシュルーム、ピーマンなどを加えて炒める。
  6. 水分が飛んできたら塩こしょうし、しょう油を入れて香ばしい香りがしたら、ケチャップを加えて火を止める。
  7. 炊飯器にトマトソース大さじ1、ウスターソース小さじ2を加えてまぜ、米の上に炒めた具材を乗せて炊飯する。
  8. 炊きあがったら、残りのトマトソース大さじ1を加えてよく混ぜる。

f:id:iche:20161103234619j:image

※焦げ目はこのくらい。

f:id:iche:20161103234727j:image

デルモンテリコピンリッチトマトソースは、ペースト状で自然な味付けがされているので、トマトペーストだと物足りず、ケチャップだと甘くなり過ぎる時に最適。栄養も豊富な優れものです。

f:id:iche:20161104002851j:image

※お料理に使うなら味付けを邪魔しない食塩無添加のものを。今回頂いたデルモンテ食塩無添加トマトジュースは、食塩無添加でも酸味が立ちすぎず、ご飯にしっかりコクのあるトマト味をつけてくれました。