読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

あのころの未来【かすべ(エイ)のムニエル ケイパーソース】

あのころの未来に

ぼくらは立っているのかな…

 

…こう問いかけている時は、きっと違うのだろう…

 

15年ほど前、いろんなことがあって、思い切って子どもの頃から憧れていた学校に入った。

 

小さい頃から身体が弱かったり、大人の事情があったりして、一度も本心から進路を選んだことがなかった私が、唯一、心の底から行きたかった学校。

 

尊敬する先生、楽しい仲間に出会い、夢の様な1年が過ぎたけど、いま、私はその道にいない。

 

一生とは良く言ったもので、人生は一度きり。

進めなかった沢山の道を横目に。

 

ノートを見ていると、あのころの夢が見えてくる。

 

夢の中の自分は、遠い国の、小さな白い厨房で、一生懸命働いている。

窓の外は緑。

忙しいが、時間はゆっくりと過ぎる。

 

今はと言えば…

関東には北海道の人が多いせいか、仕事帰りのスーパーでよく生のエイを見かける。

 

エイのムニエルはフランスの庶民の味。

だから、ちょっとセンチになりそうで笑、今まで買ったことがなかった。

 

でも、今日は買ってみる。

 

授業の時と違って、皮はもう剥かれているけど、ノートを見ながら、略式のクールブイヨンで煮て、バターで焼いてみた。 叱られるかもだけど、隠し味にちょっとお醤油を笑。

 

随分不細工だけど笑、あのころの夢の味。

 

夢の中では、一人前の私が、軽々と鍋を振っている。

 

※学校のノートには分量や説明があまり載っていないので、今回は家庭で作りやすい分量ややり方にしています。

 

f:id:iche:20161008180834j:image

f:id:iche:20161009150419j:image

ーかすべ(エイ)のムニエル ケイパーソースー

  • かすべの切り身 人数分
  • クールブイヨン(魚用の茹で汁のこと:水にローリエ、白コショウ、香味野菜の切れ端などを加えたもの。今回は水に、塩、冷凍してあるブーケガルニ、白ワイン、付け合わせのニンジンの切れ端を加えました)
  • 塩こしょう
  • 小麦粉(あれば中力粉か強力粉)
  • バター
  • サラダ油

<ソース(作りやすい量)>

  • バター 40グラム
  • ケイパー 大さじ1
  • レモン汁 小さじ1
  • パセリのみじん切り 一つかみ
  • (しょう油 小さじ2)
  1. かすべは、塩をかなり効かせたクールブイヨンで20分ほど煮て、冷ましておく(冷めたら冷蔵庫で保存)。
  2. サラダ油とバターをフライパンに入れ、バターが泡立ち、香ばしく焦げだしたら、塩こしょうし、小麦粉をはたいたかすべを入れてソテーする。
  3. 別鍋にソース用のバターを溶かし、きつね色に焦げて良い香りがしてきたら、ケイパー、レモン汁を加え、最後にしょう油、パセリのみじん切りを加える。
  4. 皿にかすべを盛り付け、ソースをかけて出す。