読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

日の名残り【イチジクの豚肉巻き 赤ワインソース】

果物 おつまみ 洋風

イチジクの別名は映日果というのだそう。

 

アンジール、というペルシャ語の音かららしいけれど、無花果よりこの方が似合う気がする。

 

日を映す果実。

陽は傾いて。

 

カズオ・イシグロの『日の名残り』。

『斜陽』の様なグロテスクさは無く。

 

沈む陽の美しさに一瞬時を忘れるけれど、明日昇る日に気づいて歩いて行く。

 

時の流れに対する向き合い方の違い、だろうか。

 

何かを「巡って」思考することが好きなイギリス人。

 

そう言えば、美味しいワインを造るのはフランス人だけど、偉大なワイン評論家やボージョレヌーボーのイベントはイギリスが産んだもの。

 

秋の夜長は。

 

クラレット(注)でも傾けながら、こんなコトをグダグダ考えるのもまた楽し笑。

 

お供もちょっと大人っぽく。

 

簡単だけど、イチジクやスパイスのおかげで複雑な味。

コッソリ巻いた青紫蘇や隠し味のしょうゆは、日本生まれの英国人作家に敬意を表して笑。

 

注:英語でボルドーの赤ワインのこと。濃い赤ワインは、北国の憧れかも。

 

f:id:iche:20160918192918j:image

 

ーイチジクの豚肉巻き 赤ワインソース(2人分)ー

  • イチジク 1個
  • 豚ロース薄切り 4枚
  • 青じそ 2枚
  • 生ハム 4枚
  • 水 大さじ2
  • 顆粒ブイヨン 1つまみ
  • 赤ワイン(できればフルボディ) 50cc
  • バルサミコ酢 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ2
  • はちみつ 小さじ1
  • オールスパイスパウダー(GABANの小瓶で) 5〜6振り
  1. イチジクは縦に4つ割り、青紫蘇は縦半分に切っておく。
  2. 豚ロースの上に、青紫蘇、生ハム、イチジクの順に載せ、くるりと巻く。
  3. 熱したフライパンの上に、巻き終わりを下にして並べ、強めの火で全面を焼く(肉だけに火が通り、イチジクに火が入り過ぎないよう、余り転がさずにサッと焼く)。
  4. 3を一旦取り出し、同じフライパンに水、顆粒ブイヨンを加え、少し煮詰める。
  5. 赤ワインを加えてさらに少し煮立て、バルサミコ、しょうゆ、はちみつ、オールスパイスを加えて、全体が最初の3分の2くらいになるまで煮詰める。
  6. 取り出してあったイチジクの豚肉巻きを戻し、ソースを絡める。(最終的にソースは最初の半分くらいの量になる)
  7. 器に盛り、ソースをかけて出す。

【レシピブログの「ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪」レシピモニター参加中】 

※今日使ったGABANのオールスパイスは、クローブ系の香りが立っていてクドさやエグさがない、爽やかな香り。ソースにオールスパイスを加えると、ナゼかイチジクのフレッシュ感が際立ちます。

 

家バルおつまみの料理レシピ
家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索