読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

ご馳走の味

母は仕事が忙しく、普段あまり料理をしなかったのだけれど、季節季節に作ってくれるものがあり。

 

春は苺のプリザーブ、夏はヴィシソワーズ、トマトの砂糖漬け、後は柿の葉寿司やマドレーヌとか。

 

…今思えばちょっとズッコいハレの味ばかりなのだけれど笑。

 

なかでも楽しみにしてたのがコレ。

骨つきの鶏モモのから揚げ。

 

ケンタもまだない頃のこと。

大人になってよ〜く考えると原価はそんなに変わらないのだけれど、ナゼだかすごいご馳走感。

 

特にクリスマスは、これにコーンスープが定番でした。鶏に塩こしょうして、小麦粉まぶして揚げるだけ。

 

ところが作ってみても、何かが違う…

 

わかった!

脚の銀紙。

コレでした笑。

 

ご馳走の味って、お祝いする気持ち。

忘れてたのはコレでした。

 

今日の付け合わせは祖母の定番、カレー風味の粉ふきいも。これも懐かしのお祝いの味です。

f:id:iche:20160717134952j:image