読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

共感されない味笑【豚の生姜焼きとポテトサラダ】

深夜食堂』だったか、生姜焼きの味が違う男女が付き合うのは難しい、みたいな話があったと思う。

 

ちょっと切ない恋の話。

 

たしかに、玉ねぎが入っていたり、薄切りだったり厚めだったり、衣をつける人がいたり、部位も色々。焼き方もバリエーションが多くて、うちうちの味もありそう…

 

ただ、そんな中でも、大体最近のレシピだと、味付けはお醤油やみりんベースの美味しいタレに生姜、が基本っぽい。

 

…で。(深呼吸)

初告白笑(ってほどのことじゃないけど汗)。

ウチ、ほんとはお肉にそのままお醤油、お酒、生姜、をまぶして焼くだけです…。

 

正直、フライパンは焦げるし、見た目も悪いし、ご飯にかけられるタレもできないし、第一、あまりに手抜きっぽくて笑、定食屋さんなんかでお目にかかったことは一度もありません。

 

…多分、お料理上手な方々から、いろんなアドバイスを頂いてしまいそう…

 

実際、ワタシも自分以外の人に作る時は、タレを作っています。

なんだか共感を得られる自信がなくて笑。

 

でもホントは、ワタシこのぶちゃいくな、ちょっとしょっぱめの味の方が好きなんです。

 

今日は自分のタメだけのご飯。

だから思う存分、作っちゃいます。

 

付け合わせのポテトサラダは、にんじんやハムの入った実家風。

でも、おばあちゃんが入れていたリンゴにはちょっと「共感しない」笑ので、今日はなしで。

 

お芋のつぶし方や隠し味も、若いころアルバイトした喫茶店のやり方。

 

テーブルのアッチとコッチで、ちょっと違う生姜焼きを食べてても、いいんじゃないか、と思った今日でした笑。

(ほんとの実家のポテトサラダのレシピはこちら→)

f:id:iche:20160709090855j:image

f:id:iche:20160709090858j:image

ー豚の生姜焼き(2人分)ー

  • 豚ロース生姜焼き用  200グラム
  • 醤油 大さじ1.5杯
  • 酒 大さじ1杯
  • しょうが 1カケ
  • サラダオイル 小さじ2
  1. 豚肉は一口大にきる。
  2. すりおろしたしょうが、酒、醤油を合わせ、豚肉を1枚1枚絡める。
  3. 15分ほどおく。
  4. フライパンにサラダオイルを敷き、焼く。

 

ー実家「風」ポテトサラダ(4人分)ー

  • じゃがいも 大2個
  • にんじん 3分の1本
  • きゅうり 2分の1本
  • 玉ねぎ 小4分の1個
  • ロースハム 30グラムくらい
  • 塩・こしょう
  • マヨネーズ 大さじ3
  • 練りカラシ 小さじ2分の1
  • ワインビネガー 小さじ1
  • 粗挽き黒胡椒
  1. じゃがいもは皮ごと茹で、完全に冷ましておく(前日でも)。
  2. にんじんは大きければ銀杏切りし、3分茹でる。
  3. 玉ねぎは薄切り、きゅうりは小口切りにして塩もみしておく(塩気が強ければ水に軽くさらしてから絞る)。
  4. ハムは短冊切りにしておく。
  5. 芋の皮をむいて好みの程度に潰し、にんじん、玉ねぎ、きゅうり、ハムを加えて軽く混ぜる。
  6. 塩こしょう、ビネガー、マヨネーズ、からしを加え、最後に粗挽き黒胡椒を振る。

※お芋を完全に冷ましてから潰すのは、アルバイトしていた喫茶店のレシピ。お芋の風味や食感が楽しめます。ただ皮のエグミが苦手だったり、なめらかな方がお好きな方は、ホントの実家風()の用に、皮を剥いて茹で、熱いうちに潰してから冷まして下さい。隠し味の辛子も同様に苦手な方は省いて笑。