読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

ミスマッチ?【ぶりの竜田揚げと長芋の素揚げ】

主菜 副菜 和食 野菜

ちょっと変わった調理法って、どうしても魅力です笑。

 

さて長芋。

もちろん生で短冊が一番有名。

叩いても。

シャキシャキ、ツルル。

 

でもウチの田舎では、長芋、炊くんです。

他の煮物にはあまり砂糖を使わないのですが、ちょっとお砂糖を入れて、甘めに。

(ウチの煮方はこちら笑→http://ichegrandma.hatenadiary.jp/entry/2016/07/08/093937 )

 

味の決めては皮。

皮が香ばしく、味がしっかりめについて、中のお芋のホクホクと淡白な味とベストマッチ。

 

で、どうしても長芋を見ると、皮ごと火を通したくなっちゃう笑。揚げたりとか。

 

生の爽やかさも素敵だけれど。

ミスマッチの新しい魅力も良いものです。

 

f:id:iche:20160706153142j:image

ーぶりの竜田揚げと長芋の素揚げ(2人分)ー

  • ぶりの切り身 2切れ
  • しょうが 1かけ
  • 酒 大さじ1
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ3くらい
  • 長芋 5センチ分くらい
  1. ぶりは2センチ幅くらいに切り、すりおろしたしょうが、酒、しょうゆに30分以上漬けておく(ポリ袋で空気を抜いておくのが便利)。
  2. 長芋は1.5センチ幅くらいの拍子木に切る。
  3. 小さめの揚げ鍋に油を入れ、油が冷たいうちに長芋を入れ、火にかける。
  4. 長芋がこんがり色づいたら油から揚げる。
  5. 油の温度を180度くらいに調節し、漬け汁を拭き取り、片栗粉をまぶしたぶりを揚げる。
  6. 一緒に盛り付け、塩などを添える。

※ぶりは薄口醤油と酒につけると、それほど濃い香りや色がつかないので、1〜2日保存できます。安い日に買って、翌日の晩ご飯やお弁当にしても。