読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

『わたしの献立日記』

料理をするのに、愛情、というものが必要なのかはよくわからない。

でも、愛情や近しい人との関係は、やっぱり料理に影響を与えると思う。

 

沢村貞子さんの献立が、いつも少しだけ色っぽいのはそのせいかもしれない。

ちょうど今流行りの?少し激しい過程を経て結ばれた二人の食卓には、老いてなお色気がある。

 

ちょっと切ないのだ。

 

過ごせる日々が貴重だから、一食一食が貴重になる。

『まかない荘』で、りょうちゃんが料理人になったのもそんな感じ。

 

もしかしてほんとに幸せなら、できあいだって、ヘンな味の煮物だって、美味しいのかもしれない。

 

「まずい!」と喧嘩する時間も含めて。

 

さて、そんなことを考えているうちにもう寝る時間笑。

明日も良い日になりますように。

 

f:id:iche:20160615005847j:plain