うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

白い季節【鱈と白インゲン豆のグラタン】

目で味わう、というけれど、色で料理を作ることもしばしば。 そう言えば、ばあちゃんもそうしてたっけ。 吐く息も白くなる季節。 白い料理が食べたくなる。 ちょっと前の朝ドラ。 ワタシも子どもの頃はご多聞にもれず『赤毛のアン』にカブれていて笑。 自然…

三つ子のタマシイ【子持ちハタハタの煮付け】

雑食である。 なんでも食べる。 キライ認定済みのモノでも、新手のが出ると試してみたり笑。 ただ… ヤッパリ自分で魚を煮る時には、基本砂糖が入れられない笑。 ランチ時の定食屋さんでは「この甘辛いのが美味しいよね〜」なんて、黒ムツの煮付けなんか調子…

二人静【生鱈子と葱の小鍋立て】

二人静というお能があって。 静御前に憑依された菜摘女が、静御前の霊と並んで舞うという笑。 二人で相舞う難しい曲。 ワタシの所属する流派では、同じ力量の名手が2人同時に揃うことはありえない、とのことである時代から舞われなくなったらしい。 某時代劇…

秋に酔う【プルーンの秋色カッサータ】

チャリラーン、ティラリラリンリーン♪ …失礼しました。 トッカータとフーガ。 ○から牛乳、で思い出す人も…笑。 さて今回はプルーンを使った濃厚デザート。 カッサータ。 (・・・またおやじギャグです・・・) プルーン、ヨーグルト、生クリームを土台にした…

もってのほか【菊の花の和え物2種】

やんごとなき方のみしるしを頂くから「もってのほか」だとか… 籬の菊を頂くので「かきのもと」だとか… 雅なエピソードに事欠かない菊花の別名。 そう言えば、酒どころの郷里の国語の先生たちは、漢文も古文も現国の先生も笑、重陽の日の菊酒について教えてく…

第5問笑【ネギとセロリのシーフード梅酢マリネ】

さて第5問です。 (なんのこっちゃ笑) 昨日の鶏の南蛮漬け http://iche.hatenablog.com/entry/2016/11/24/132126 に続く、自家製梅酢料理第二弾笑。 マリネです。 秋なのでセロリだけど、春ならウドや山菜で。 サッと茹でた野菜、シーフードを梅酢、塩こしょ…

第4問【若鶏の梅酢南蛮】

中高生くらいの頃、ありましたよね。 中間、期末。 そう、テストです笑。 大体数学とか、大問5問くらいで構成されてて、4問目と5問目が応用問題。 先に解くか、後に解くか。 ジリジリっとした、なんともいえない緊張感・・・ さて今日は、そんな緊張感はまっ…

アームチェア・トラベラー【オニオングラタンスープ】

飛び石連休。 …と言っても給料日前です笑。 …つまり、神は私たち迷える子羊に、玉ねぎを存分に炒める時間と、機会を与えたもうたというべきでしょう…笑… え?ボジョレー解禁のパーティ? 熟成肉祭り? 限定大間マグロフェア? …誘われたら、爽やかに答えまし…

巡る季節【自家製梅酢、梅干し】

解禁。 …と言ってもボジョレーではありません笑。 このブログを始めた頃に漬けた梅干し。 それよりチョット早く、漬けた梅酢。 夏の香りがようやく。 口切りの茶事と同じ。 梅干しは祖母のレシピ。(別ブログです) http://ichegrandma.hatenadiary.jp/entry/2…

私は牡蠣になりたい【ニューイングランド風牡蠣のチャウダー】

英語でoysterと言えば無口の象徴だそうで… 日本語なら「貝のように口を閉ざす」という所を「牡蠣のように黙っている」と。 たしかに殻の武骨なゴツゴツは、チョット健さんぽい?笑かも。 対してcram(アサリなど比較的小型の二枚貝)は日本で言えば「すし詰め…

秘め事【春菊の茎と鮭の混ぜ寿司】

(今日のBGMは古畑任三郎のテーマです) お客様にはヒミツです… たっくさんの春菊をサッと煮て食べる、素晴らしく美味しい鍋があるんです… でも、サッと食べるので春菊はキレイに葉むしりして(茎から外して)、砂を丹念に洗い流す必要があります。 …面倒です。 …

きらきらひかる【本みりんの琥珀糖】

海に行くと、やっぱりガラスを拾ってしまう。 …小さな、いびつな、海が造った磨りガラス。 昔「何か」だったもの。 そんな海辺のガラスによく似たお菓子。 琥珀糖。 意外にカンタンにできます。 でも、時間はかかる。 それも数日単位で。 作って固めて。 切…

きっとうまくいく【さばそぼろ】

サヴァ?(どう?) サヴァビアーン。(うまく行ってるよ) …ということで鯖です。 はい、そうです。 オヤジギャグです。 …が何か?笑 さばそぼろは作っている人も多いと思うけれど、冷蔵庫掃除にはぴったり。 あと、サバの身をスプーンで掻きとる、みたいなちょ…

ふるさと訛り【四方竹とニシンの煮物】

ふるさとのなまりが聞きたくて、昔の人は駅に行ったけど、今ならどうするだろう。 youtube? LINEでリアルタイムで話せるから大丈夫? …いやいや、今ならデパートじゃないか。 と言っても食の方言。 今日見つけたのは四方竹(しほうちく)。 なんでも高知で採れ…

鉢巻マキマキ【プルーンの簡単三角パイ】

今でも体育祭とかでするんだろうか… ハチマキ。 紅白だったり。 チームカラーだったり。 体育祭とかだと、飾りをつけるつけないで先生とバトッたり笑。 でハチマキしてた人、だいたいみんなやりませんでした? なんて言うんだろ、あれ。 あの巻き巻き。 三角…

秋味【鮭のヘルシー味噌カツ】

遠い思い出。 岐阜出身の親類が作ってくれたものの中で、ひときわ好きだったのが、味噌カツ。 ビフカツに八丁味噌の香ばしいタレ。 そこはかとない異文化体験感もあり笑。 もうずーっと昔の笑、小さな頃のことだけど。 …そんな事を考えながらスーパーを歩い…

甘い生活【吟醸酒粕のムース 黒蜜としょうがのコンフィ添え】

開高健だったか、チョコレートについての鮮烈な経験を書いていたと思う。 それは戦後の焼け跡だったり、後の欧州旅行だったりするのだけれど。 血管の隅々まで染み渡る、甘さというものの背景にある、強烈な豊かさや圧倒的な力。 考えてみれば、人類史の長い…

オトナ様ランチ【ジャンバラヤ風トマトご飯】

寄る◯波。 何を入れますか? …年。 そう、年です。 パエリア、ドリア、オムライス…チャーハンに焼き飯… 好きです。 好きでした。 (80年代アイドル歌謡風ですが…笑) 美味しいよねぇ。 美味しいものは糖と油で、っていうけど、美味しい。 …ただ、重い。 特に、…

氏より育ち【たらこの吟醸粕漬け】

「スーパーで一番安いタラコです。」 いいですか? 繰り返します。 今日の主役は 「スーパーで、一番、安い、タラコです。」 ステキな箱に入っている、高いのはダメです笑。 小さくて、箸で切ろうと思うと意外に固くて上手に切れなくて笑、スーパーで大体298…

大人だって笑【カボチャとハンバーグのビアシチュー】

…ハンバーグ、好きですか? ワタシ、好きです笑。 美味しいなあ、ジュワッとしたひき肉。 チョット酸味のあるソース。 でもすこーし子ども向きな感じ。 あるいはランチ用。 それから、一緒に取る野菜がチョット少ない。 あと、作る側から言わせてもらえば、…

異種格闘笑【秋刀魚とニラの韓国風ぬた】

クセが強い人、っている笑。 で、周りがそういう人同士鉢会わせない様に気を使ってると、意外に意気投合しちゃったりして。 これはまさにそんな感じ。 個性同士のぶつかり合い笑。 きっかけはご近所に到来した大量の新鮮なサンマ。何尾使っても良いので料理…

学生さん【かやく御飯】

学生アルバイトの定番、家庭教師。 私も当時はご他聞にもれず笑。 のんびりした時代。途中でお母さんが作ってくださる晩ご飯が楽しみで。 下宿の賄いとも、もちろん実家とも違う家庭の味。 その中で、いくつかのお宅でご馳走になったのがこれ。 かやく御飯。…

トロ〜ン【干し椎茸とニラのあんかけ焼きそば】

最近の天気予報。 15度、20度、15度、20度、14度、19度… …来てますな。こりゃ。 秋に隠れて。 冬が笑。 ひたひたと。 ちょうど別件のために戻した干し椎茸あり。 (こちらはまた後日) こうなってくると恋しいのはトロミ。 夏なら干しエビを合わせてサッパリさ…

便乗(笑)【カボチャの大人ハロウィンデザート】

世はハロウィンである笑。 と言っても、子どもがお菓子をもらうお祭り、ということで、地蔵盆と区別がつかないワタシ。 デパートには「ここで着替えないでください!」な貼り紙が。 やっぱり日本人は祭り好き。 普段はカボチャがそれほど好きじゃない私も。 …

見た目先行笑【柿の和洋白和え】

素材から料理が浮かぶこともあるけど、器から料理が浮かぶこともあって。 ご近所の可愛い雑貨屋さん。(http://boelstore.com) 若い人の素敵なセンスで、面白い生活雑貨、文房具、ナドナド。 そんな中に感じのいい器が。 夏はガラスの小皿だったり。 http://i…

誤解されガチ【里芋とはんぺんの和風グラタン】

誤解されがちな人っているよなぁ… ワタシも若い頃はよく一重まぶたのせいで 「怒ってんの?」とか聞かれたり。 あと、メチャクチャテンパってても平気そうに見られたり…(これは単純に日頃の態度がデカイせい笑?) 料理界で言えばホワイトソース。 要るのは小…

ビンボー贅沢【フレッシュハーブのポテトサラダ】

ホカホカご飯に思いっきりウニやイクラを載せる…とか。 美味しいお肉を動けなくなるくらい食べる…とか。 やっぱり「過剰」っていうのは、どっか贅沢、の条件ナンデショウナ… しかも、普段は少ししか使わない(使えない)モノを沢山、というのがミソで笑。 …と…

ひかえおろう〜笑【鯛かぶら】

寒くなると帰宅時間も早くなり・・・ 家で時代劇など。 さて立ち回りの後、助さん格さんが印籠を出して一言。 「頭が高い、ひかえおろう〜!」 「はは〜っっ」 子供の頃は、時代劇好きな割りに、主人公が困った立場や誤解に曝されると観られなかったので笑(…

わらしべ長者【大羽いりこの有馬煮】

え〜情けは人の為ならず、などと申しまして笑。 いつもお世話になっている大好きなお店にささやかな出張のお土産を。 で。 頂いちゃいましたね。 お返し。 すご〜く上等の大羽いりこ。 めっちゃめちゃ良いやつ。 ちょっとビビるくらい笑。 イワシは魚へんに…

最強【ヒラタケと豆腐の味噌汁】

スーパーで新潟のヒラタケ発見。 秋ですなぁ… 山菜とキノコは自給できるくらいの山奥で育った身には笑、ちょっとスーパーでは淋しい気もするケド、いろんなキノコを見ると、やっぱり気分はアガる。 でヒラタケなんですが… 私の中では、豆腐と味噌汁が最強。 …

あのころの未来【かすべ(エイ)のムニエル ケイパーソース】

あのころの未来に ぼくらは立っているのかな… …こう問いかけている時は、きっと違うのだろう… 15年ほど前、いろんなことがあって、思い切って子どもの頃から憧れていた学校に入った。 小さい頃から身体が弱かったり、大人の事情があったりして、一度も本心か…

土産話【ホタテと木綿豆腐のカルパッチョ レモンオイル風味】

旅好きの同僚のお土産は、レモン風味のオリーブオイル。 小さな瓶の向こうにイタリアの空。 建築の話。 街を彩るモチーフの話。 こういう仕事をしていて良かったと思える時間。 旅するのも良いけれど、旅の話を聞くのも好きだ。 オイルの香りを最大限に楽し…

良え氏の子【新れんこんのシュリンプトースト マジョラム風味】

「良え氏の子(ええしのこ)」 関西弁で「いいトコの子」の意味。 美味しいモノがあるのにヤセ我慢したりしていると、「なんや!良え氏の子か?」なーんて。 とたんにクルン!と化けの皮を剥がされて「いただきまーす!」 さてさて、閑話休題。 小さい時に「高…

花のいのち【花穂紫蘇と青唐辛子のしょうゆ漬け】

花のいのちは短くて。 林芙美子の歌の続きは「苦しきことのみ多かりき」だと思っていたら、元は違っていたことが分かったのだそう。 元は… 「花のいのちは短くて 苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり」 ただ、後に色紙には「苦しきことのみ多…

オオギリスト【サンマとじゃがいものサフラン焼き】

大喜利番組が好きだったりする。 日曜夕方の長寿番組もだけど、特に、深夜全国から参加する、某国営放送の。 今までで一番気に入ったお題は… 「桃太郎に動物たちがイラッ!さて桃太郎、何と言った?」 答え「夜、宿で「動物とか良いですかぁ?」と聞いていた…

七変化【小芋の炊いたん・小芋の唐揚げ・小芋のとも和え】

七変化と言って、お笑い番組が浮かぶか、KYON2が浮かぶか、ドラマが浮かぶかで年齢が分かります…ではなく笑。 (ちなみに長谷川一夫の「雪之丞変化」は「七」がつきません…念のため) 1人の役者が次々に姿を変える「変化物」。 今日はさしずめそんな話。 世の…

玄関開けたら【鶏ときのこのクリーム煮】

「玄関開けたら2分でゴハン」 むか〜し流行ったレトルトご飯のCM。 今やコンビニや深夜営業のお店が出来すぎて、若いヒトには何のことやら?…だろうけど笑。 長雨続きで少し肌寒い夜。 あったかい煮込みをお供にワインなど。 ただ、作るのに時間が… そんな時…

滅多矢鱈【めった汁】

夕飯の支度をしながら。 付けっ放しのテレビ。 よくある生産農家さんの紹介番組。 いきなり。 ものすご〜く懐かしい言葉が飛び込んできた。 「めった汁」 何というか、ビミョーな郷土料理笑。 作り方を言うと、大概の人に「あ〜豚汁でしょ?」とか言われるの…

日の名残り【イチジクの豚肉巻き 赤ワインソース】

イチジクの別名は映日果というのだそう。 アンジール、というペルシャ語の音かららしいけれど、無花果よりこの方が似合う気がする。 日を映す果実。 陽は傾いて。 カズオ・イシグロの『日の名残り』。 『斜陽』の様なグロテスクさは無く。 沈む陽の美しさに…

有朋自遠方来【アサリとスペアリブの梅蒸し】

ウチの近くには美味しいお店が多いのだけれど、中でもチョット変わり種のお店。 開店日は気まぐれ笑。 味わえるのは出会えた時だけ。 …というと気難しそうだけど。 そんなこと無く。 ただただ自然体笑。 気にしない気にしな〜い。 ひと休みひと休み笑。 ステ…

秋の訪れ【秋ナスのマリネ マジョラム風味】

寝入りばな。 突然ですが。 いわゆる、眠りに落ちる瞬間、というのを一回捕まえてみたい、と思うのだけれど、未だ果たせず笑。 人こそ見えね、とは言わないけれど、季節の変わり目もおんなじ。 今日から夏、とか、今日から秋、とかを捕まえようと思うのに… …

アテにする【いりこと大豆のスナック】

アレがあるから…アノ人がいるから… 人間誰でもアテにします笑。 旅で買ってきたいりこ。 煮物にうどん出汁、炊き込みご飯。 韓国料理のベース。 「アレがあるから…」 散々アテにしていたら、だんだん残り少なく… で、今日は本当のアテにしてみました笑。 大…

しだちたきだち

祖母のオヤツは、特別に何かを作ったり、買ったりしてくれるのではなく、夕飯の支度の合間合間に、出来上がったものを一口、ポンと口に放り込んでくれるようなものだった。 夕方ずっと台所の椅子に腰掛けてぴーぴー言っている、孫のおなかの「虫やしない」。…

夏の終わり【しょうがのかき揚げ】

夏が終わる… 17の頃は空を見上げて?笑、思ったけれど。 今はスーパーで思います笑。 いつまでもあると思っていたモノがない。 「先週まではあったんですけどね〜」 このたびは新生姜。 ジンジャーエールに甘酢漬け、生姜ご飯、イロイロお世話になりました。…

判官びいき笑【お手軽和華鶏団子スープ】

日本のと違って中華や洋風の出汁は多大な時間とコストがかかるので、さすがに市販の素の手を借りるのですが笑。 できればあんまり複雑じゃなかったり、いつも良いのが出てないかな、と思う次第。 そんなある日。 近所のスーパーさんが新しい中華の練り調味料…

夏の朝定食【生姜ご飯、野菜の小鉢(ずいき、オクラ、いかにんじん)、贅沢出汁のおすまし】

夏の朝。 休日。 食欲ないわ〜。 ついでに作る気力もないわ〜。 でもなんか美味しいもの食べたいわ〜笑。 ま、コンビニに駆け込むもよし。 近所のカフェに出向くもよし。 …でも、暑くて出たくすらない笑。 そんな時には前日に仕掛けておけるご飯もの。 炊き…

ダシにする【アクアパッツァ風一人鍋】

ダシにする、っていう言葉、実はあんまり語源がわからないらしい・・・。 「仕事をダシに…」、とかいうアレ笑。 具(本題?)じゃない出汁、の意味だとか、山車の様に前に押し立てて、その間にホントのことをやっちゃうことだとか。 まさに「諸説あり」。 さて…

虫やしない【あぶたま炒め】

タッタッ タッタッタッタ… 路地を駆けてくるちいさな足音。 厨房では大将と女将さんの仕込みの匂い。 だしの香り、小葱を刻む音。 赤いランドセルをしょった子が帰ってくる。 「はよ手洗うてきい」 女将さんがパパッとフライパンを取り出して、油揚げと卵を…

旅のおもひで【いりこごはん、水菜のサッと煮】

旅行に行ったら土地の食材か料理の本。 自分へのおみやげ。 国内なら乾物や味噌、しょうゆ。 帰り際に買えれば山菜とか。 久しぶりの瀬戸内。 瀬戸内といえばいりこ。 そもそも瀬戸内は、同じお魚でも、私の生まれた北陸と全然違う。 日本海の磯の香りのお魚…

白ブタをプロデュース【アッサリ塩角煮】

えー、手間と時間、掛かります笑。 …と言っても前の晩に2度ほど下茹でするだけなんですが…(大ゲサ?)。 さて、黒ブタは高級ブタの代名詞なのに、白ブタはなぜちょっとディスってるっぽいのか?…などとぼーっと考えているうちに笑。 モチロン飴色の甘〜い角煮…