読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

花のいのち【花穂紫蘇と青唐辛子のしょうゆ漬け】

花のいのちは短くて。 林芙美子の歌の続きは「苦しきことのみ多かりき」だと思っていたら、元は違っていたことが分かったのだそう。 元は… 「花のいのちは短くて 苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり」 ただ、後に色紙には「苦しきことのみ多…

ぜいたく

お昼に1人。 冷凍庫に塩鮭。 冷蔵庫には卵ときゅうり半本。 お米はある。 さて、どうする。 ご飯を炊いて卵と鮭を焼き、きゅうりを齧る笑。 ・・・でも良いけれど。 よく思い出せば酢もある。砂糖もある。 もっともっとよーく探せば、だしやいりゴマだってあ…

ご馳走の味

母は仕事が忙しく、普段あまり料理をしなかったのだけれど、季節季節に作ってくれるものがあり。 春は苺のプリザーブ、夏はヴィシソワーズ、トマトの砂糖漬け、後は柿の葉寿司やマドレーヌとか。 …今思えばちょっとズッコいハレの味ばかりなのだけれど笑。 …

あとひと息

頂いた青梅は梅のお酢とシロップに。 お酢は沢村さんのレシピ。 シロップは初挑戦。 砂糖に埋まった青い梅。 少しずつ少しずつ。 慌てない慌てない、ひと休みひと休み。 時間だけが解決することもあるよね笑。

『わたしの献立日記』

料理をするのに、愛情、というものが必要なのかはよくわからない。 でも、愛情や近しい人との関係は、やっぱり料理に影響を与えると思う。 沢村貞子さんの献立が、いつも少しだけ色っぽいのはそのせいかもしれない。 ちょうど今流行りの?少し激しい過程を経…

芒種の候

年上のお友だちからうれしいメール。 植物やビジネスを育てるのが上手な彼によると、いまは「芒種の候」というのだそう。秋の実りには種まきが必要、とのこと。 芒種は二十四節気の一つ。 そして二十四節気にはそれぞれ三候が。 それによると芒種の末候(今…