うをとおなすと

おさかな買いになす買いに。のほほんな毎日をつづります。

野菜

予習復習【コンテと春野菜のオーブン焼き・コンテとズッキーニのマフィン】

さて先日のレシピブログさん主催の「コンテチーズと日本酒のマリアージュの会」。 http://iche.hatenablog.com/entry/2017/06/08/181551 学びは楽しく。 生産者、販売者の方々の熱い姿に心ふるえ笑。 実は調理師学校のころ、ワインの勉強会を作っていて。 先…

西へ…【豚肉とズッキーニのクミン炒め】

ニンニキニキニキ♪ニンニキニキニキ♪2人が三蔵…♪ さて、何の曲でしょう。 正解はドリフターズの人形劇の西遊記。 西遊記って愛されてますよねぇ。 アニメ、実写、人形劇。 あれは中国からインドへお経を貰いに行く話だけど。 私たち世代だと、「西域」と言…

見通し良好【エビとふきの翡翠炒め】

子どもの頃、よく怒られました。 ふきの煮物のおつゆを、ストローみたいにふきで吸い上げて。 おせちにレンコンを入れるのは、穴が開いていて見通しが良いからだそう。 ふきは富貴に通じるとか。 天然、露地ものの旬は今。 1束は結構多いので、買ったら下ご…

夏まだき【葉玉ねぎとカブのミルク煮】

アッという間に桜も過ぎて。 ただ今年は初夏らしく。 陽射しは強いけど、爽やかな空気。 でも、夜は少し肌寒いくらい。 昼はそろそろ冷たいものを飲み過ぎたりして。 こんな日は、春野菜の優しいシチュー。 トロミも軽めで。 チョット手間ですが、旬のあさり…

今年の味【ぬか漬け】

若い頃から何度か漬けて来たけれど。 引越しの多い人生。 なんどもお別れして来ました。 ぬか漬け。 数ある国の漬物の中でも、建物や地球環境に最も影響されやすいのが、日本の漬物のように思います。 沢庵や白菜も、もともと塩やぬかのみ、といった単純な漬…

タケノコ生活【わが家風たけのこ御膳】

「タケノコ生活」 この言葉がわかる人って、今どれくらいいるんだろう… わたしたちの世代でも、歴史の話。 戦後の食糧難。 都市部に住む人たちが、わずかに手元に残った衣類を、まるでタケノコの皮を一枚一枚はぐように、食料と交換し、なんとかしのいだ。 …

心はニシキ【鶏ハムとオレンジのサラダ】

新年度が始まって、少し落ちついて。 お花見もひと段落。 先輩に連れられた新入生や新入社員。 会社の近くのランチも今は混雑。 で、我々先輩も新入社員諸君も… 実は懐がチョット寂しい、4月の給料日前笑。 GWもありますからね。 さて、そんな時のつよーい味…

窓全開【豚とゴボウのエスニックさつま揚げ】

全開にした窓から、桜の花びら。 …そんな季節になりました。 こんな日曜の昼下がりは、家飲みも窓を開けて。 喉越しの良いビールをクイ〜ッと!! なんて考えてたら、今回新・ザ・プレミアムモルツの天然水醸造を頂いて。 テーマはチョット贅沢な肉のご馳走…

たからもの【鯛と沢庵の混ぜ寿司】

子供の頃、沢庵の細巻きが大好きだった。 しょっぱくて、パリッとした沢庵と、酢飯の爽やかな味。良い香りの海苔の、歯切れの良さ。 胡瓜やかんぴょうは放っといて、沢庵巻きばっかり食べて怒られたっけ笑。 でも自分では作ったことがなく。 理由は沢庵。 甘…

サクサク【せりと新玉ねぎのノンオイルサラダ】

「サクサク」 「サクッ」 いつのまにか食感だけじゃなく、褒め言葉になりました笑。 サクッとこなす。 サクサク進む。 意外と好感度100%?の言葉だったりして笑。 食の世界でも最近は、クッキーとかフライ以外に、乾いた軽い食感などによく使うみたい。 で…

ツンデレ【花ワサビとイカのぬた】

最初は取っつきにくいけれど、知り合ってみると甘えん坊、っていうのがツンデレ。 今回は…ツーンッッ!です笑。 忙しい忙しいと言いながら、つい出張ついでに土地の食材を探したり。 抜ける様な青空。 信州の春。 わさび屋さんの店先で、小さな白い花束が笑…

別れと出会い【牡蠣と菜の花のザッと煮】

出ちゃいましたよ…。 とうとう…。 「今シーズンの牡蠣フライ終わりました」 商店街のトンカツ屋さん。 終わったか〜っっ… 時すでに遅し。 「走り」だ「旬」だに浮かれるクセに。 食べられなくなると聞くと、急に惜しくなるのが人情笑。 でもだから、「出会い…

宿題【黒にんじんとごぼうのオイル煮】

…昔から、宿題が苦手である。 正確に言えば、嫌いな宿題がニガテ。 計算ドリルとか漢字ドリル、まともに出せたことないんじゃないか。 理科とか社会のは、すぐ終わるのに。 でも、今ならワカル。 オトナになって必要なのは、むしろ計算ドリルや漢字ドリルを…

ランデブー【鯛と芹の梅春巻き】

今日は春のお話。 謡曲に胡蝶というのがあって。 カンタンに言うと…。 全ての花と戯れて来た蝶の精が、唯一つ、会ったことの無い冬の花、梅に焦がれて会いに来ると言う筋書き。 …というと胡蝶まるでプレイボーイの様ですが笑。胡蝶の精であるシテは女性です…

イカ天国【いかとじゃがいも、グリンピースの洋風煮込み】

イカ天…って今覚えている人いるんだろうか… ちなみに「イカの天ぷらダロ?」、のお父さんも、駄菓子屋のおばあちゃんを思い浮かべたお兄さんも、違います。 違います。(もう一度笑) いかすバンド天国。 俳優さんとバラドルさんが司会のバンドの勝ち抜き番組…

郷に入りては【カレイの甘酢あんかけ】

コロッケ、トンカツ、ハンバーグ。 カレーにオムライス。 日本生まれの欧米?料理笑。 洋食。 新しもの好きのワタシたち。 外国や地方の料理を取り入れて、すぐにアレンジ笑。 お隣の国の中国のお料理もそう… 最近は本格的な豊かな地方料理のお店もたくさん…

カレーなる一族【我が家のスープカレー】

…カレーと言えばインドです…笑。 この間久しぶりにインドカレーの講習に行ったりして、やっぱりそう思った次第。 スパイスとともに数千年(…らしいですよ)。 悠久の歴史。 でも今、日本ほど、本家とも違う、いろーんなカレーのある国はないんじゃないか笑。 …

ホームスイートホーム【トリュフ風サツマイモの洋風きんとん】

Home, Sweet Home. 我が家が一番笑。 子どもの頃、家族のお出かけから帰って来ると、決まって大人はこう言ったもの。 番茶かなんか淹れながら… お風呂の中の「極楽極楽」とおんなじ。 …そんなお年頃になりました笑。 今回のスパイスモニターはバレンタイン特…

こっとこと【根菜と豚バラ肉の味噌かす煮】

擬音語や擬態語にも方言がありまして… 今となっては方言だったのか、「ばあちゃん語」だったのか、わからないものも笑。 「ごぼる」、はどうやら方言決定。 …ですが、この「こっとこと」はどうなのか笑。 煮物などをコトコト煮る、のコトコトではありません……

唐魂洋才【白菜のステーキ】

冬と言えば白菜(断言笑)。 鍋に浅漬け。 …日本の食卓、って感じの風景。 でも、日本で白菜が食べられるようになったのは、20世紀に入ってから、とのこと。 実は、観賞用の甘藍(キャベツ)の方が大先輩だそう… だから、時代劇のチョンマゲ武士が、白菜の漬物を…

ハレとケ【和風ビビンパ】

一年で一番のハレの日々も、もう終わり笑。 ただ、ご家族との時間が終わって、これから新年会、の方も多いのでは。 ハレの日と言えばちらし寿司。 でも、最近は、実は甘さがちょっとニガテかも…と言う人や、寿司酢の糖分が気になる、と言う人もチラホラ。 そ…

内と外【七草粥と千草焼き】

日本人の「内と外」。 内輪になるとはっちゃけたり。 外面だけは良かったり。 うちは家にも通じていて。 鬼は外福は内。 謡にも内外があり。 元はよく知られたり、演じられるものが内。 さて、松の内も今日が最後。 年神様ともしばしのお別れ。 最近では衣手…

3日目の肴【新年のおつまみ三種ー和風ポテサラ・柚子風味の紅白ピクルス・鶏スペアリブとごぼうの山椒煮込み】

もう、いくつ寝るかは分かります笑。 お正月、来ますねぇ… 御節にお餅、最近だとローストビーフとか洋風のご馳走も多いのかも。 スーパーも2日から開いてるし、昔みたいに沢山の御節やお煮しめを作って、それを毎日、ということは無いにしても… お年賀兼ねて…

主役【チンゲン菜のスープ2種】

「チンゲン菜師匠、入られました〜」笑。 …ブルーマンデーと言うけれど。 外勤の翌日、出社してみると。 なにやら良い気配笑。 同僚の家庭菜園からみんなにおすそ分け。 ルッコラ、小松菜、カブ、にんじん、マスタードリーフ、チンゲン菜。 張ちきれるような…

白い季節【鱈と白インゲン豆のグラタン】

目で味わう、というけれど、色で料理を作ることもしばしば。 そう言えば、ばあちゃんもそうしてたっけ。 吐く息も白くなる季節。 白い料理が食べたくなる。 ちょっと前の朝ドラ。 ワタシも子どもの頃はご多聞にもれず『赤毛のアン』にカブれていて笑。 自然…

もってのほか【菊の花の和え物2種】

やんごとなき方のみしるしを頂くから「もってのほか」だとか… 籬の菊を頂くので「かきのもと」だとか… 雅なエピソードに事欠かない菊花の別名。 そう言えば、酒どころの郷里の国語の先生たちは、漢文も古文も現国の先生も笑、重陽の日の菊酒について教えてく…

第5問笑【ネギとセロリのシーフード梅酢マリネ】

さて第5問です。 (なんのこっちゃ笑) 昨日の鶏の南蛮漬け http://iche.hatenablog.com/entry/2016/11/24/132126 に続く、自家製梅酢料理第二弾笑。 マリネです。 秋なのでセロリだけど、春ならウドや山菜で。 サッと茹でた野菜、シーフードを梅酢、塩こしょ…

アームチェア・トラベラー【オニオングラタンスープ】

飛び石連休。 …と言っても給料日前です笑。 …つまり、神は私たち迷える子羊に、玉ねぎを存分に炒める時間と、機会を与えたもうたというべきでしょう…笑… え?ボジョレー解禁のパーティ? 熟成肉祭り? 限定大間マグロフェア? …誘われたら、爽やかに答えまし…

秘め事【春菊の茎と鮭の混ぜ寿司】

(今日のBGMは古畑任三郎のテーマです) お客様にはヒミツです… たっくさんの春菊をサッと煮て食べる、素晴らしく美味しい鍋があるんです… でも、サッと食べるので春菊はキレイに葉むしりして(茎から外して)、砂を丹念に洗い流す必要があります。 …面倒です。 …

ふるさと訛り【四方竹とニシンの煮物】

ふるさとのなまりが聞きたくて、昔の人は駅に行ったけど、今ならどうするだろう。 youtube? LINEでリアルタイムで話せるから大丈夫? …いやいや、今ならデパートじゃないか。 と言っても食の方言。 今日見つけたのは四方竹(しほうちく)。 なんでも高知で採れ…

大人だって笑【カボチャとハンバーグのビアシチュー】

…ハンバーグ、好きですか? ワタシ、好きです笑。 美味しいなあ、ジュワッとしたひき肉。 チョット酸味のあるソース。 でもすこーし子ども向きな感じ。 あるいはランチ用。 それから、一緒に取る野菜がチョット少ない。 あと、作る側から言わせてもらえば、…

異種格闘笑【秋刀魚とニラの韓国風ぬた】

クセが強い人、っている笑。 で、周りがそういう人同士鉢会わせない様に気を使ってると、意外に意気投合しちゃったりして。 これはまさにそんな感じ。 個性同士のぶつかり合い笑。 きっかけはご近所に到来した大量の新鮮なサンマ。何尾使っても良いので料理…

学生さん【かやく御飯】

学生アルバイトの定番、家庭教師。 私も当時はご他聞にもれず笑。 のんびりした時代。途中でお母さんが作ってくださる晩ご飯が楽しみで。 下宿の賄いとも、もちろん実家とも違う家庭の味。 その中で、いくつかのお宅でご馳走になったのがこれ。 かやく御飯。…

トロ〜ン【干し椎茸とニラのあんかけ焼きそば】

最近の天気予報。 15度、20度、15度、20度、14度、19度… …来てますな。こりゃ。 秋に隠れて。 冬が笑。 ひたひたと。 ちょうど別件のために戻した干し椎茸あり。 (こちらはまた後日) こうなってくると恋しいのはトロミ。 夏なら干しエビを合わせてサッパリさ…

便乗(笑)【カボチャの大人ハロウィンデザート】

世はハロウィンである笑。 と言っても、子どもがお菓子をもらうお祭り、ということで、地蔵盆と区別がつかないワタシ。 デパートには「ここで着替えないでください!」な貼り紙が。 やっぱり日本人は祭り好き。 普段はカボチャがそれほど好きじゃない私も。 …

誤解されガチ【里芋とはんぺんの和風グラタン】

誤解されがちな人っているよなぁ… ワタシも若い頃はよく一重まぶたのせいで 「怒ってんの?」とか聞かれたり。 あと、メチャクチャテンパってても平気そうに見られたり…(これは単純に日頃の態度がデカイせい笑?) 料理界で言えばホワイトソース。 要るのは小…

ビンボー贅沢【フレッシュハーブのポテトサラダ】

ホカホカご飯に思いっきりウニやイクラを載せる…とか。 美味しいお肉を動けなくなるくらい食べる…とか。 やっぱり「過剰」っていうのは、どっか贅沢、の条件ナンデショウナ… しかも、普段は少ししか使わない(使えない)モノを沢山、というのがミソで笑。 …と…

ひかえおろう〜笑【鯛かぶら】

寒くなると帰宅時間も早くなり・・・ 家で時代劇など。 さて立ち回りの後、助さん格さんが印籠を出して一言。 「頭が高い、ひかえおろう〜!」 「はは〜っっ」 子供の頃は、時代劇好きな割りに、主人公が困った立場や誤解に曝されると観られなかったので笑(…

花のいのち【花穂紫蘇と青唐辛子のしょうゆ漬け】

花のいのちは短くて。 林芙美子の歌の続きは「苦しきことのみ多かりき」だと思っていたら、元は違っていたことが分かったのだそう。 元は… 「花のいのちは短くて 苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり」 ただ、後に色紙には「苦しきことのみ多…

オオギリスト【サンマとじゃがいものサフラン焼き】

大喜利番組が好きだったりする。 日曜夕方の長寿番組もだけど、特に、深夜全国から参加する、某国営放送の。 今までで一番気に入ったお題は… 「桃太郎に動物たちがイラッ!さて桃太郎、何と言った?」 答え「夜、宿で「動物とか良いですかぁ?」と聞いていた…

滅多矢鱈【めった汁】

夕飯の支度をしながら。 付けっ放しのテレビ。 よくある生産農家さんの紹介番組。 いきなり。 ものすご〜く懐かしい言葉が飛び込んできた。 「めった汁」 何というか、ビミョーな郷土料理笑。 作り方を言うと、大概の人に「あ〜豚汁でしょ?」とか言われるの…

秋の訪れ【秋ナスのマリネ マジョラム風味】

寝入りばな。 突然ですが。 いわゆる、眠りに落ちる瞬間、というのを一回捕まえてみたい、と思うのだけれど、未だ果たせず笑。 人こそ見えね、とは言わないけれど、季節の変わり目もおんなじ。 今日から夏、とか、今日から秋、とかを捕まえようと思うのに… …

判官びいき笑【お手軽和華鶏団子スープ】

日本のと違って中華や洋風の出汁は多大な時間とコストがかかるので、さすがに市販の素の手を借りるのですが笑。 できればあんまり複雑じゃなかったり、いつも良いのが出てないかな、と思う次第。 そんなある日。 近所のスーパーさんが新しい中華の練り調味料…

夏の朝定食【生姜ご飯、野菜の小鉢(ずいき、オクラ、いかにんじん)、贅沢出汁のおすまし】

夏の朝。 休日。 食欲ないわ〜。 ついでに作る気力もないわ〜。 でもなんか美味しいもの食べたいわ〜笑。 ま、コンビニに駆け込むもよし。 近所のカフェに出向くもよし。 …でも、暑くて出たくすらない笑。 そんな時には前日に仕掛けておけるご飯もの。 炊き…

ダシにする【アクアパッツァ風一人鍋】

ダシにする、っていう言葉、実はあんまり語源がわからないらしい・・・。 「仕事をダシに…」、とかいうアレ笑。 具(本題?)じゃない出汁、の意味だとか、山車の様に前に押し立てて、その間にホントのことをやっちゃうことだとか。 まさに「諸説あり」。 さて…

虫やしない【あぶたま炒め】

タッタッ タッタッタッタ… 路地を駆けてくるちいさな足音。 厨房では大将と女将さんの仕込みの匂い。 だしの香り、小葱を刻む音。 赤いランドセルをしょった子が帰ってくる。 「はよ手洗うてきい」 女将さんがパパッとフライパンを取り出して、油揚げと卵を…

旅のおもひで【いりこごはん、水菜のサッと煮】

旅行に行ったら土地の食材か料理の本。 自分へのおみやげ。 国内なら乾物や味噌、しょうゆ。 帰り際に買えれば山菜とか。 久しぶりの瀬戸内。 瀬戸内といえばいりこ。 そもそも瀬戸内は、同じお魚でも、私の生まれた北陸と全然違う。 日本海の磯の香りのお魚…

旅ガラス海へ【金糸瓜とおかひじきのオレンジマリネ】

金糸瓜は面白いけど結構大きくて、使い切るのがタイヘン笑。 なので献立part2。 さて下ごしらえした金糸瓜の色や形をシミジミ見ていると、キャロットラペを思い出し。 それほど香りや味が強くないので、オレンジをプラス。歯触りや色はおかひじきで。 味のア…

穏やかならざるハナシ【ニース風サラダ】

ニース風サラダ。 フランス料理に美味しいものは数あれど。 なんか好きなんだなぁ… 出てくるワケではないんだけれど、『軽蔑』とか『女は女である』とか。 あるいは『太陽がいっぱい』とか『泥棒成金』とか。そんな感じ。 ユロ伯父さんのヒロインたちも、フ…

Boys be…【金糸瓜とカニカマの三杯酢和え】

子どもの頃、家族ぐるみのおつきあいをしていた知り合いのおじさんが、スーパーで私にポツリ。 「俺、ほんとはこっちの方が好きなくらい。」 カニカマの話。 えー、ウチの田舎は日本有数のブランド蟹の産地笑。蟹にプライド?を持っている県民も多い。 解禁…